ジウィピークドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

ジウィピークトップ

ニュージーランドのドッグフード製造業者から販売されているドッグフード「ジウィピーク(ziwipeak)

ジウィピークは世の中に数あるドッグフードの中でも最高級のドッグフードで、使用する原材料は高品質なものだけを厳選しています。

ジウィピークドッグフードにはいくつかの種類があり「ベニソン(鹿肉)」「ベニソン&フィッシュ」「ラム(羊肉)」「ビーフ」など様々な動物の肉をつかった製品が販売されています。

今回の記事では、原材料や成分、口コミ・評判から「ジウィピーク ベニソン」を例にしてジウィピークドッグフードを徹底的に評価していきたいと思います。

ジウィピークドッグフードのデータ

ジウィピークの商品画像ジウィピークドッグフードレーダーグラフ
参考価格 8,716円(amazon価格参照)
内容量 1,000g
生産国 ニュージーランド
肉類 ◎(ベニソン生肉、ベニソンレバー生肉等)
穀類 ◎(不使用)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◎(天然ミックストコフェロール等)
総合評価 ★★★☆☆(21pt/25pt満点中)

ジウィピークドッグフードの原材料

まずは「ジウィピーク ベニソン」の原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

肉類90%以上(ベニソン生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンラング生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンキドニー生肉)、ニュージーランド緑イ貝、レシチン(大豆由来)、イヌリン(チコリ由来)、乾燥ケルプ、パセリ、ビタミン類(ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、チアミンモノニトレート、リボフラビン、d-パントテン酸カルシウム、葉酸、ビタミンB12サプリメント、塩酸チアミン)、ミネラル類(鉄アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、亜鉛アミノ酸複合体、セレン酵母、重炭酸カリウム、炭酸カルシウム)、酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)

 
色付きの文字がないのは編集ミスではなく、危険と思われる原材料が一切使われていないからです。

原材料ごとの詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

ジウィピークドッグフードの成分分析値

成分分析値から「ジウィピーク ベニソン」の評価をしていきたいと思います。

今回も、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…34.0%
粗脂肪…26.0%
粗灰分…8.0%
粗繊維…1.6%
水分…15.0%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値についは特に問題はありませんね。

ジウィピークドッグフードの特徴

ここからは、ジウィピークドッグフードの特徴を紹介していきます。

ジウィピークドッグフードの特徴は以下のものですね。

【ジウィピークドッグフードの特徴】

  • 肉類の配合量が90%以上!
  • 配合されている肉類は最高品質!
  • アレルギー対策もバッチリ!
  • 保存状態には注意が必要!
  • 価格がものすごく高い!

では、ここからはそれぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

肉類の配合量が90%以上!

ジウィピークドッグフードの特徴は肉類の配合量が90%を超えているということですね。

ワンちゃんは肉食動物なので、肉類が豊富に含まれたドッグフードはワンちゃんにとって良い製品です。

また、数あるドッグフードの中でも肉類の配合量が90%を超えというのはトップクラスの配合量です。

また、穀類不使用のグレインフリードッグフードであるというもの高く評価できるポイントです。

つまり、ジウィピークはトウモロコシや小麦などの穀類でカサ増しをしたドッグフードとは一線を画するドッグフードですね。

ということで、ジウィピークは豊富に肉類を含んだドッグフードであると言えます。

配合されている肉類は最高品質!

ジウィピークドッグフードには肉類が90以上配合されていますが、配合されている肉類の品質が低ければ魅力は半減してしまいます。

では、ジウィピークに配合されている肉類の品質はどうなのでしょうか?

結論から言うと、ジウィピークに配合されている肉類の質は最高クラスの品質であると言えます。

原材料表記を見てみると「ベニソン生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンラング生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンキドニー生肉」と記載されていて、生肉(食肉)部分をしっかりと使用していることが分かります。

また、原材料になる家畜の生育環境にも気を配っており、自由給餌の環境で育てているということです。

アレルギー対策もバッチリ!

ジウィピークドッグフードはアレルギー対策がバッチリされたドッグフードです。

原材料を見てもワンちゃんのアレルギーになりやすい成分(トウモロコシ、小麦、豚肉、牛肉)は含まれていません。

せっかく品質の高い原材料を使用していても、アレルギーになりやすい成分が使われてたら購入は考えてしまいますよね。

その点、ジウィピークドッグフードはしっかりと対策がされており、アレルギー体質のワンちゃんでも安心して与えられるドッグフードであると言えますね。

保存状態には注意が必要!

ジウィピークを利用する上で注意したいのは、保存状態に気をつける必要があるということです。

その理由はジウィピークには合成保存料などの強力な保存力を持った成分が配合されていないからです。

また、原材料である肉の加工を最小限に抑えているので水分含有量が若干高いのも注意したい点の1つですね。

水分量が多いドッグフードはどうしても腐りやすいので、湿気の少ない涼しくて暗いところに置いて保存するようにしましょう。

価格がものすごく高い!

ジウィピークドッグフードを利用する上で、最も大きなデメリットは「価格が高い」という点です。

しかも、この価格が高いというのはちょっとやそっと高いというものではありません。

その価格は何と1,000g/8,716円で小型犬(5kg)でも1日のエサ代が500円を超えてしまいます。

プレミアムドッグフードと呼ばれる高級志向のドッグフードでもだいたい1日あたりの出費は200円程度に収まります。

ということで、高級なドッグフードと比較してもジウィピークドッグフードはかなり高価なドッグフードであると言えます。

原材料は非常に品質の高いものを使っているので、価格が高くなってしまうのは仕方のないことです。

ですが、ここまで価格が高いと個人的には手をだすことができないドッグフードであると感じてしまいます。

ジウィピークドッグフードの口コミや評判を紹介!

実際に「ジウィピーク」を利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「ジウィピークが気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

3年くらいジウィピークのベニソンを食べさせています。
好き嫌いが激しい我が家のワンコが飽きずに食べているのでちょっとお値段が高いけど他のフードには変えられない感じです。
病気もしないし涙やけもなくお腹の調子もいいので、このフードはうちのワンコに合っているんだと思います。
香りも海苔の佃煮みたいで嫌な感じはしません。次回はラムに挑戦してみようかな!

香りもよく、原材料をなるべく自然のものが使われているので、安心して食べさせることができます。
その分値段が高いのは仕方がないかな…。

とにかく香りが最高です。人間まで食べたくなってしまう香りです。
租タンパク量が他のものに比べてもかなり高く、お値段が高いのもうなづけます。

とても美味しいらしく、良く食べてくれますが、高いのトッピングとしてあげてます。

もうずっとこの商品のリピーターです。
美味しそうな匂いと高い栄養価で、犬も元気で毛づやも良いです。

穀物フリーなので与えています。手作り食を始めたので朝とご褒美にベニソン1日分の半量をあげてますが、食いつきが悪くなる事もありません。

9歳になるトイプードルのご飯には苦労してきました。
選り好みをするのか、トイプードルは食の細いコが多いと聞きますが、まさに少食でドライフードのみではまず食べない。手作り食も毎食は難しく、栄養も足らない。
しかしこのフードには驚きました。ほぼ肉で出来てるのに総合栄養食として与えることが出来ること。こんなフードがあったなんて、これまでのフードの倍のお値段ですがまず1kgを購入してみました。固さが心配でしたが、人間用のビーフジャーキーほど固くなく、薄いので食べやすそう、匂いも人間が美味しそうと感じるジャーキーの匂い。
歯を数本抜歯してても普通に噛めてるようです。

お値段は高めですが、素材や栄養素を考えると、こちらから浮気できません…。

抗がん剤の影響で、何も食べなくなってきた家のわんこにと思い購入しました。
お肉をたくさん使っているものならというアドバイスを受け選びました。
愛犬が久しぶりに美味しそうにご飯を食べてくれているのを見て、本当に感動でした。おやつのような感覚で食べられるのがいいのかもしれません。
ただ、やはり高いですね(苦笑)

我が家はずっとこのフードをあげています。肉類90%以上含まれているフードなんて他では見たことありません。とてもイイと思います。
うちのパートナーは他のフードに比べると食いつきが断然よくウンチも◎。
すごい偏食で困っているパートナーがいる犬友にお裾分けした所、速攻食べてしまったとのこと♪フードで困っている犬友にはまずこの商品をオススメしています。
ただ値段がもう少し安かったらなーと思います。

ジウィピークの口コミ・評判については悪い評価がほとんどありませんでした。悪い評価があったとしても相性が悪かったというようなものでしたね。

ただ、みなが口を揃えて言うのが「価格が高い」ということですね。私もジウィピークは非常に高価なドッグフードだと思います。

また、コストを抑えるために安いドッグフードにジウィピークを混ぜているという人も居ましたが、あまりドッグフードを混ぜることはおすすめできません。

口コミからもジウィピークは良いドッグフードではあるものの、高価過ぎるドッグフードであるということが伝わってきますね。

ジウィピークドッグフードの評価

今回の記事ではドッグフード「ジウィピーク」の原材料・コスパ・口コミ・評判を紹介、評価させていただきました。

原材料やコスパなどから商品全体を評価するとジウィピークの総合評価は★★★☆☆3/5です!

ジウィピークが数あるドッグフードの中でもトップクラスの品質のを誇っているのは間違いのないことです。

主原料として高品質の肉を使い、アレルギー対策もあり、成分面では文句のつけようがありません

しかし、やはり価格が高すぎるというのがマイナスポイントですね。

いくら良い製品であってもこれだけ価格が高いと、購入できる人はほとんど限られてしまいます。

また、ジウィピークには劣ってしまうものの、十分に高品質のドッグフードが1/3程度の価格で購入可能であるということも評価を下げてしまうポイントですね。

評価は少し難しいですが、価格面を考慮して総合評価は3点にしました(品質の面だけを見れば間違いなく最高評価の製品です)

気軽にはオススメできない製品ですが、お金持ちの人はジウィピークの購入を検討するのもアリだと思います。

以上、「ジウィピークドッグフードの評判を徹底評価!」でした。

このサイトで高評価をつけている商品は、品質・コスパが共に優秀なドッグフードだけです。

なので、安くて良いドッグフードを知りたいという方は高評価をつけたドッグフードの記事を読んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です