【ドッグフードの原材料】着色料の危険性を知ろう!

犬画像5

カラフルでキレイな色をしたドッグフードは着色料をつかって色付けがされています。

そのようなドッグフードは赤だったり緑だったり、見た目がおいしそうに見えるのでついつい手にとってしまいがちだと思います。

ですが、実は着色料には大きな落とし穴があることを知っているでしょうか?

今回はドッグフードに含まれる着色料のメリットやデメリットについて紹介していきます。

着色料とはどんなものか?

まずは着色料とはどんなものかというのを簡単に説明していきます。

着色料は食品に希望の色を付けるために使用されますが、大きく分けて「合成着色料」と「天然着色料」に分けられます。

合成着色料というのはその名前の通り化学合成によって作られた着色料で、天然着色料は天然成分によって作られた着色料です。

合成着色料は「青色2号」や「赤色4号」というような、色と数字を組み合わせた機械的な命名がされています。

天然着色料の場合には記載は様々で「◯◯エキス」だったり、原材料の名前がそのまま記載されます。

ドッグフードに使われている着色料について

ドッグフードに使われている着色料は基本的に天然着色料ではなく合成着色料です。

その理由は、合成着色料の方がコストが圧倒的に低いからです。

合成着色料は少量であっても濃い色を付けることができますし、非常に安く購入することができます。

一方、天然着色料の場合にはコストが高く、濃い色を付ける場合には合成着色料の何倍もの量を使用する必要があります。

なので、ドッグフードには基本的には天然着色料ではなく合成着色料が使われています。

着色料を使うメリットは?

ドッグフードに着色料を使うメリットは「飼い主においしそうに見せることができる」という点です。

ここで、疑問に思うのが「ワンちゃんにはおいしそうに見えないの?」ということだと思います。

実は、ワンちゃんは色を識別する能力が低いのでドッグフードが何色であろうと関係ないのです。

つまり、ワンちゃんにとって着色料は意味のないものなんですね。

多少悪意のある言い方になってしまいますが、着色料は飼い主においしそうに演出するためだけに配合されているものです。

たとえば、ドッグフードが赤色や緑色などでカラフルだったら「肉や野菜がしっかりと使われている」というように感じてしまいますよね?

見た目がおいしそうなドッグフードとそうでないドッグフードだったら、やはり見た目がおいしそうなドッグフードを選ぶ人は多いと思います。

着色料を使うデメリットは?

ドッグフードに着色料を使う最大のデメリットは、毒性のある着色料が使われている可能性があるということです。

実は、合成着色料の中には過去に実験によって毒性(発がん性など)が確認されているものが数多く存在しています。

また、海外では使用が禁止されている着色料であっても、日本ではまだ使用できる着色料もあります

もちろん、ごく少量の着色料であればそう簡単には問題はおこりませんが、ワンちゃんは毎日同じドッグフードを食べることになります。

なので、ドッグフードに含まれる着色料がごく少量であっても、何年も食べ続ければ問題が発生する可能性もあります。

特に身体の小さい小型犬の場合には影響が大きいので注意しておきたいところですね。

ドッグフードに着色料は必要か?

ここまで読んでいただければわざわざ言う必要もないとは思いますが「ドッグフードに着色料は不要」です。

着色料には毒性の確認されているものもありますし、ワンちゃんにとっては百害あって一利なしの原材料です。

なので、着色料は「不要」どころではなく「入っていてはいけない成分」なんですね。

最近はドッグフードに含まれる着色料の無意味さをユーザーも知るようになり、着色料を使わないドッグフードも増えてきています。

そんな中でもまだ着色料を使用しているドッグフードは、ハッキリ言って購入するべきでは無いと言えますね。

【まとめ】着色料の危険性を知ろう!

ドッグフードに含まれている着色料はワンちゃんにとっては害しかありません

合成着色料が使われているかどうかは、原材料表記を確認すれば簡単に分かります。

もし、合成着色料が使われているのであれば原材料表記に「赤色4号」のように色と数字が組み合わされた成分が記載されます(下の画像がその例です)

着色料入りドッグフードの例

この様な記載がある場合には、そのドッグフードの購入は控えた方が良いでしょう。

ドッグフードには合成着色料以外にも危険な原材料がまだまだたくさんあります。

ワンちゃんは自分が食べるドッグフードを選ぶことができないので、飼い主の方がしっかりとドッグフードを選んであげる必要があります。

なので、ドッグフードを選ぶ際には、口コミや見た目で判断するのではなく、原材料表記を確認して本当に良いドッグフードを選ぶようにすることをオススメします!

このサイトでは、ドッグフードを原材料から分析して徹底評価しています。

「原材料から見て良いドッグフードを知りたい」という方は別の記事も読んでいただければ参考になるのではないかと思います。

以上「【ドッグフードの原材料】着色料の危険性を知ろう!」でした!

“【ドッグフードの原材料】着色料の危険性を知ろう!” への2件のフィードバック

  1. とと より:

    解りやすいです。
    我が家では白のトイプードルなので直ぐに口の回りに色がついてしまいます。
    ありがとうございました!

    • ミドリ より:

      ととさん解りやすいとの評価コメントありがとうございます。
      白のトイプードルの口の回りがカラフルになってしまったのを想像して笑ってしまいましたw
      着色料はワンちゃんには百害あって一利なしですし気を付けていきたいところですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です