スタイルズドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

スタイルズヘッダー画像

株式会社マルカンから販売されているドッグフード「スタイルズ」を原材料などから徹底評価をしていきます。

スタイルズはネット上での口コミが非常によく、オンライン通販サイトのAmazonで多くの高評価を得ています。

また、犬種別のドッグフードを販売しているという特徴があり「トイプードル用」「チワワ用」「ミニチュア・ダックスフンド用」「ヨークシャー・テリア用」などの商品が販売されています。

いくつかの種類があるドッグフードですが、Amazonで最も評価数の多かった「スタイルズ トイプードル用」を例にして評価をしていきます。

今回の記事では、原材料や成分、口コミ・評判などから「スタイルズ トイプードル用」を徹底的に評価していきたいと思います。

スタイルズドッグフードのデータ

スタイルズの商品画像スタイルズレーダーグラフ
参考価格 900円(amazon価格参照)
内容量 600g
生産国 日本
肉類 (チキン等)
穀類 (「穀類」とのみ記載)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◯(ミックストコフェロール等)
総合評価 ★☆☆☆☆(6pt/25pt満点中)

スタイルズドッグフードの原材料

まずはスタイルズドッグフードの原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

肉類(チキン)、糖類豆類でん粉類穀類油脂類、果実類(リンゴ粉末)、イソマルトオリゴ糖、デキストリン、グルコサミン(カニ由来)、緑茶粉末、種実類(ごま)、ミルクカルシウム、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸鉄、炭酸亜鉛、硫酸銅、炭酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(メチオニン)、増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

主原料に赤色の原材料が多いことからも、ドッグフードの危険性が伺えますね。

原材料ごとの詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

スタイルズドッグフードの成分分析値

成分分析値からスタイルズドッグフードの評価をしていきたいと思います。

今回も、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…12.5%
粗脂肪…3.3%
粗灰分…11.2%
粗繊維…4.0%
水分…35.0%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

スタイルズドッグフードはセミドライタイプで水分含有量が非常に多い製品になっています。

また、水分が多く含まれるドッグフードであるため、普通のドッグフードと同等の栄養を摂取するためには、より多くのドッグフードを食べる必要が出てきます。

より多くのドッグフードを食べることで補える部分はありますが、それを考慮した上でも粗たんぱく質と粗脂肪は少なすぎるように思います。

成分分析値は全体的に見てあまり良くないように感じます。特に、粗たんぱく質の含有率が少ないのが目につきますね。

スタイルズドッグフードの特徴

ここからは、スタイルズドッグフードの特徴を紹介していきます。スタイルズドッグフードの特徴は以下のものですね。

【スタイルズドッグフードの特徴】

  • 犬種別にドッグフードが分かれている!
  • 主成分は肉類だが品質に疑問あり!
  • ◯◯等の表記について
  • 明確な原材料表記がされていない
  • 合成添加物が多い
  • 価格が高い!

では、ここからはそれぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

犬種別にドッグフードが分かれている!

スタイルズは小型犬用のドッグフードで、商品が犬種別に分かれています

公式サイトによれば、それぞれの犬種について配慮したいポイントを絞って、サポートする機能性成分をプラスしているということです。

原材料を確認してみたところ、それぞれのドッグフードの原材料が大きく変わるわけではないものの、若干原材料が変わっていました。

基本的となるドッグフードのベースに違いはないですが、それぞれの犬種に必要と思われる機能性成分がプラスされているようですね。

主成分は肉類だが品質に疑問あり!

ドッグフードは主原料が肉類であるものを選ぶのが基本です。

その理由は、ワンちゃんが肉食であり植物系の原材料を消化・吸収する能力が低いからです。

基本的に、格安ドッグフードは主原料が穀類(トウモロコシなど)である場合が多いですね。理由は、やはり穀類の方が原材料コストが抑えられるからでしょう。

そこで、肝心のスタイルズドッグフードの主原料を確認してみると「肉類(チキン等)」と書かれています。

少なくとも肉類が主原料ではあるようですが、スタイルズドッグフードの肉類の表記には問題があります。

◯◯等の表記について

スタイルズドッグフードの肉類の表記には「チキン等」と記載されていますが、この表記には問題があります。

何が問題かと言うと「◯◯等」という記載の方法ですね。

例えば「チキン等」と書かれていた場合には、実際にどんなものが含まれているのかが全くわかりません

恐らくではありますが、チキンの肉部分以外にも肉副産物と言われる「ホネ・皮・羽・血液・ツメ」などが使われているのではないかと思われます。

こういった食用ではない部分は栄養素が少ないですし、消化も難しくなるのでワンちゃんにとっては大きなマイナスです。

安全性に配慮したドッグフードの場合には、原材料を不明瞭してしまう「◯◯等」の表記は一切ありません。

ワンちゃんの健康を考えるのであれば「◯◯等」の記載があるドッグフードは避けた方が賢明と言えるでしょう。

明確な原材料表記がされていない

スタイルズドッグフードは肉類の「チキン等」だけでは無く、その他の原材料でも曖昧な表記が散見されますね。

例えば「◯◯類」という表記で原材料の詳細を省いているものの多さが目に付きます。

しっかりしたドッグフードであれば、「◯◯類」の表記の後に、その類に含まれている原材料が記載されています。

例えば、「穀類(トウモロコシ・大麦・小麦)」みたいな感じです。

ですが、スタイルズドッグフードの原材料表記は「糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類、果実類(リンゴ粉末等)」のように曖昧な表記ばかり

このような表記方法では「まともな原材料を使っていないのではないか?」と思われても仕方ないのではないかと思います。

「◯◯等」のような原材料表記と同様に、曖昧な原材料表記があるドッグフードには何が含まれているのかわかりません。

こういった曖昧な原材料表記が多いドッグフードの購入は避けた方が良いと言えるでしょう!

合成添加物が多い

スタイルズドッグフードの原材料表記を見てみると合成添加物が沢山含まれていることが分かります。

いろいろな合成添加物が含まれいていますが、その中にある「プロピレングリコール」は毒性が確認されています

もちろん、プロピレングリコールは少量の摂取で死んでしまうような強力な毒性を持っているわけではありませんが、少なくとも毒性があるのは確かなようです。

ドッグフードはワンちゃんが毎日食べるものですし、少量では影響がなかったとしても何年も食べ続けた場合には影響がある可能性もあります。

毒性が確認されていない原材料だけで作られたドッグフードも販売されている以上、わざわざ毒性の確認されている原材料が使われているドッグフードを選ぶ価値は無い思います。

価格が高い!

スタイルズドッグフードは他のドッグフードと比較して価格が高いです。

大量購入をすることでコストを抑えることはできますが、それでもやはり価格は高いと言わざるを得ないですね。

もちろん、品質が価格にともなっていれば文句はないのですが、上にも書いたようにスタイルズドッグフードの品質には問題があるように思います。

1日あたりのコストはおおよそ250円程度ですので、安全性の高い最高級ドッグフードよりもコストが高いです。

価格的に見ても、スタイルズドッグフードには魅力が無いように感じますね。

スタイルズドッグフードの口コミや評判を紹介!

実際に「スタイルズ」ドッグフードを利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「スタイルズ」が気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

 2014.8生まれのトイプ-ドルです。大きく元気な子でもう、5kgを超えています。初めはブリーダーさんからのユーカヌバ子犬用を利用し、よく食べていましたが便の臭いの強いのが気になり、ニュートロ・子犬用玄米入りを与えてみました。
でも、何となく残すことが多くなり、スタイルズを「国産」の文字に惹かれて取り寄せました。まだ子犬期間で気になりましたが、半生状態が食べやすいのか、完食しました。
半年間で、13袋の注文になりました。この間、美容室お薦めのフードや歯に良いとのキャッチフレーズに気に入ったユーカヌバのサポート用などを与えてみましたが、、飼い主の意向に反して食べようとしません。
スタイルズが一番のお気に入りになりました。食べやすいようです。便の臭いも気にならないし、硬さも普通です。目だけでなく毛並みもいいと犬友達は言います。

10ヶ月の白トイプー男の子です。
ペットショップ購入時からナチュナルチョイスを食べていましたが、最近食いつきが悪くなり楽天からいろんなサンプルを購入しました。
しかし食べるのはオリジン、アカナくらいで他のドライフードは匂いをちょっとかいだだけで興味すら示しませんでした。
オリジン、アカナは信頼性は抜群ですが価格が高く迷っていました。そんな時トイプー専用の当商品を知りました。
袋を開けた瞬間から鼻先を突っ込み早く早くとおねだりしてきました。正直びっくりです。
半生で食べやすく、目にもやさしい涙やけ改善にも期待しています。歯の健康のためにドライタイプのオリジン、アカナと混ぜて食べさせます。本当に良い商品に出会えて嬉しく思います。
絶対おすすめです。

プードル×ペキニーズのmixですが、今回プードル用を初購入しました。
食が細く、フードもすぐ飽きてしまうため、ソルビタ→ロイヤルカナン→銀のさら→に、いなばのささ身スープ、シーザーや ふりかけをかけ手を変えながら何とか食べさせてましたが、今回この商品はそのままでも食い付きが良いです!
銀のさらではウンチがゆるくなってたのですが、今回は今のところ大丈夫です。
このまま様子を見てみようと思います。

プードルの目に優しい成分が含まれているこの商品は愛犬の大好物です。
この半生フードに数種類のドライフードを混ぜて、オリジナルフードにして食べさせています。

ウチの子は好き嫌いがハッキリしていて、嫌な餌はよっぽどお腹がペコペコにならない限り食べません^^;
でもこのスタイルズは大好きで、何もトッピングしなくてもパクパク食べてくれます。もっと欲しいと要求します…があげません😁
こんなに安く売っているのは、初めて知りました。またリピします!

食いしん坊でよく食べる愛犬(1歳半のトイプードル、メス)が、ある日突然、以前のフードを嫌がり、食べても吐いてしまうほど受け付けなくなったので驚きました。しかも、そのフードだけ食べないので不思議でした。 手作りご飯も挑戦しましたが、朝晩毎日は仕事を持っている私には負担で1~2週間で・・・。
同じトイプードルを飼っている友人の勧めで、[STYLES] 試食させてみるとガツガツと食べてアッと言う間にお皿が空っぽになり、それからは大変お気に入りです。1ヶ月ほど経過しましたが涙やけの心配も全くなく、お腹がユルイ娘ですがそれもクリア!! 申し分無しのフードだと思います。

涙やけもなくなりとてもよかったです
次回も購入したいと思います

肉類(チキン等)、糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類、果実類(ブルーベリー果汁等)、乳類、魚介類、イソマルトオリゴ糖、グルコサミン(カニ由来)、緑茶粉末、種実類(ごま等)、コンドロイチン、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸鉄、炭酸亜鉛、硫酸銅、炭酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(メチオニン)、増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
原材料を見ても、一番多いのは肉類である。肉と肉類の違いをご存知なのだろうか?肉類は肉ではないのである。人間が食べているような肉であれば、鶏肉、牛肉などと表示される。肉類の類に秘密がある。愛犬の健康を考えると、食べさせてはいけないドッグフードである。

3人のワンコたちドライフードと混ぜて食べています。
小袋に分かれているのもいいと思います。すぐに届くしとても助かってます
大中小とサイズ違いのトイプーがいます。小さな子でもペロッと食べてます。小粒で食べやすいんでしょうね

以前から ご飯の食い付きが悪く目ヤニが悩みでしたが、こちらを食べ始めてから 最初の頃は目ヤニが出なくなり、よく食べます(/TДT)/よかった
そして、食べ始めてから1年経ちましたが、目ヤニは、少し出ますが、とにかく食い付きが良くご飯タイムになると 嬉しすぎるのか 回りまくって 毎回大喜びで凄く楽しみになったようです。

食いつきが良いという評判が非常に多く、全体的に口コミは良いと言えますね。ですが、原材料面を見ている人からは酷評されているという面もありました。

スタイルズドッグフードの評価

今回の記事ではドッグフード「スタイルズ」の原材料・コスパ・口コミ・評判を紹介、評価させていただきました。

原材料やコスパなどから商品全体を評価するとスタイルズ総合評価は★☆☆☆☆1/5です!

トイプードル用以外のドッグフードの原材料も確認してみましたが、原材料はほとんど同じなので、別の犬種用の製品も同じ評価です。

低評価の理由は、上にも書いたように品質的に問題のある原材料表記とコストの高さですね。

ネット上での評価は高いものの原材料から見た場合には、スタイルズドッグフードは価格的にも品質的にも魅力の無い製品であるように思います。

最高級のドッグフードのコストが1日150円程度であることを考えると、1日のコストが250円程度のスタイルズを選ぶメリットは全く無いと言っても過言ではないでしょう。

このサイトでは、価格・品質・安全性が共に優れたものだけに高評価をつけています。

なので、安くて品質の高いドッグフードを知りたいという方は高評価を付けたドッグフードの記事を読んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です