ランミールミックスドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

ランミールミックストップ

超大手ペットフード製造販売企業「日進ペットフード株式会社」から販売されているドッグフード「ランミールミックス

大企業が作ってるドッグフードなので企業ブランドを信頼して購入をしている人もいるのではないでしょうか?

企業ブランドを考慮してドッグフードを選ぶことは間違いではありませんが、しっかりと原材料を確認することも大切なことです。

今回の記事では、原材料や成分から「ランミールミックス小型犬用 1~6歳 成犬用」徹底的に評価していきたいと思います。

ランミールミックスドッグフードのデータ

ランミールの商品画像ランミールのレーダーグラフ
参考価格 1,188円(amazon価格参照)
内容量 3,200g
生産国 日本
肉類 (ミートミール、チキンミール等)
穀類 (とうもろこし・小麦等)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◯(ローズマリー抽出物等)
総合評価 ★☆☆☆☆(8pt/25pt満点中)

ランミールミックスドッグフードの原材料

まずはランミールミックス小型犬用 1~6歳 成犬用の原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

穀類(小麦粉ホミニーフィードとうもろこし/中白糠/小麦ふすまコーングルテンミール/脱脂米糠)/肉類(ミートミールチキンミールチキンパウダービーフパウダーささみパウダー)/油脂類(動物性油脂/フィッシュオイル)/大豆ミールビートパルプフィッシュミール/オリゴ糖/野菜類(パプリカ/キャベツパウダー/にんじんパウダー/ほうれん草パウダー/かぼちゃパウダー)/アルファルファ/ビール酵母/ミルクパウダー/ミルクカルシウム/クロレラ/グルコサミン/β-グルカン/クローブ/バジル/ローズマリー/ミネラル類(カルシウム/リン/ナトリウム/塩素/ヨウ素/亜鉛/銅)/ビタミン類(A/D/E/B2/B12/パントテン酸/コリン)/食用赤色3号食用赤色102号食用黄色4号食用青色1号食用黄色5号/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

危険性があると思われる原材料表示がたくさん見つかりました。

原材料ごとの詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

ランミールミックスドッグフードの成分分析値

成分分析値からランミールミックスドッグフードの評価をしていきたいと思います。

今回も、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…20.0%
粗脂肪…10.0%
粗灰分…9.0%
粗繊維…5.0%
水分…10.0%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値についは特に問題はありませんね。

ランミールミックスドッグフードの特徴

ここからは、ランミールミックスドッグフードの特徴を紹介していきます。

ランミールミックスドッグフードの特徴は以下のものですね。

【ランミールミックスドッグフードの特徴】

  • とにかく安い!格安のドッグフード!
  • 主原料は多種多様な穀類!
  • 肉類は◯◯ミール・◯◯パウダーばかり!
  • アレルギーの対策は一切なし!
  • 合成着色料が使用されている!

それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

とにかく安い!格安のドッグフード!

ランミールミックスドッグフードは非常に価格の安いドッグフードです。

小型犬であれば1日のエサ代は50円程度で収まってしまうというのは、格安であると言えるでしょう!

価格的な面だけを見れば、ランミールミックスは優秀なドッグフードと言えますね。

価格面が優秀で有名な企業が製造販売をしているので信頼して購入をしているという人もいるのではないでしょうか?

主原料は多種多様な穀類!

原材料表記を見てみるとランミールミックスの主原料は多種多様な穀類であるということが分かります。

原材料表記の記載を抜粋すると「穀類(小麦粉/ホミニーフィード/とうもろこし/中白糠/小麦ふすま/コーングルテンミール/脱脂米糠)」が該当しますね。

いろいろな穀類が使われていて良さそうと思うかもしれませんが、ワンちゃんは肉食動物であり穀類を消化・吸収する能力が低いです。

少し穀類が使われている程度なら問題はないでしょうが、穀類が主原料のドッグフードはワンちゃんの消化器官に大きな負担をかけることになります。

ハッキリと言ってしまえば、穀類が主原料のドッグフードをワンちゃんに与えるのは良いことではありません。

肉類は◯◯ミール・◯◯パウダーばかり!

上にも書いたようにワンちゃんは肉食なので、ドッグフードに配合されている肉類の質はとても重要なことです。

肉類の原材料表記を抜粋すると「肉類(ミートミール/チキンミール/チキンパウダー/ビーフパウダー/ささみパウダー)」が該当します。

原材料表記からランミールミックスに使用されている肉類は◯◯ミールや◯◯パウダーばかりということが分かりますね。

◯◯ミールのような原材料は人間の食べられない「肉副産物」と呼ばれる部分(ホネ・ツメ・皮・血液)などを無理やり食用にしたものを使用している可能性があります。

肉副産物を利用した肉類は、栄養価が低いですし消化や吸収も悪いので、ワンちゃんの消化期間に悪影響を与えます

ランミールミックスは価格的に見ても、肉副産物を利用している可能性は高いと思われます。

また、肉副産物は使用していなくても、価格から考えるとまともな肉類は使用はしていないように思います。

アレルギーの対策は一切なし!

ランミールミックスにはアレルギー対策がされていません

どうしてそれが分かるのかというと、原材料にトウモロコシや小麦が使用されているからです。

実は、トウモロコシは小麦はワンちゃんがアレルギーを持ちやすい原材料であるということが知られています。

にもかかわらず、そのような原材料を使用しているということはアレルギー対策がされていないということですね。

トウモロコシや小麦は穀類の中でも原材料が安いので、ドッグフードの製造費用を抑えるために良く使用されています。

こういったトウモロコシや小麦が使用されているドッグフードはワンちゃんにアレルギーを発症させる可能性があるので注意が必要です。

合成着色料が使用されている!

ランミールミックスには合成着色料が使用されています

合成着色料は危険な原材料の1つで、合成着色料の中には毒性が確認されているものも存在しています。

また、海外では使用が禁止されていても日本では未だに使用可能な合成着色料もあります。

それに、ワンちゃんは色を識別する能力が低く、ドッグフードの色をほとんど識別することができません。

つまり、ドッグフードには着色料は不要なのです。

ワンちゃんにとっては着色料は百害あって一利なしですし、合成着色料が使用されていないドッグフードもたくさんあります。

なので、ドッグフードを選ぶ際には、合成着色料が使用されていないドッグフードを選ぶことをオススメします。

ランミールミックスの口コミや評判を紹介!

実際に「ランミールミックス」を利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「ランミールミックスが気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

小型犬(ダップー)なので小分けの量が便利です。ずいぶん食べ続けていますが、飽きることなくおいしそうに食べていますよ!

好き嫌いがないうちの子ですが、食いつきが悪いです。
大容量なのでしばらくあげてみますが…

20年間、代々のワンコにこちらのメーカーのドッグフードを食べさせているので、信頼しています。

うちのわんこ2匹には合いませんでした、少しずつ慣らしてあげましたが、嘔吐をなんどもして消化しなかったみたいで、数時間たってるのに固形のフードのまま胃から出てきました。何度かチャレンジしましたが、毎回嘔吐します。知り合いにあげました。

個袋になってるので湿気ることもなく、愛用してます。
お値段も家庭的で良いです。

国産で安心できお安いので購入しました。ただ、ウンチがころころで硬いです。皮膚も弱いので、もう少し様子を見ながら続けようと思います。

多頭飼いの我が家には安くて毎月家計に助かります。
もう少し小粒だと嬉しいな。

小粒で食べやすく喜んでくれています。小袋になっているので助かります。

コスパがいいので購入してみました。国産みたいで安心です。
2匹のうち何でも食べる子はOKでしたが、好き嫌いのある子はやはりくいつきが悪かった。でもいい商品だと思います。

小粒で、中身も小分けになっていていいと思います。
犬も小型犬なので食べやすそうでした!

ランミールミックスの口コミ・評判は大半が高評価でしたが、一部には低評価をしている人もいました。高評価をしている人は「安いこと」と「国産」であることを評価しているようですね。

しかしながら「国産」というのはドッグフードにとってはあまり良いものではありません。

日本はドッグフードに関する法律が海外よりもゆるいので、実は海外産のドッグフードの方が比較的高品質なのです。原材料をチェックすれば分かることですが「国産」は逆に注意した方が良いでしょう!

ランミールミックスドッグフードの評価

今回の記事では「ランミールミックス」の原材料・コスパ・口コミ・評判を紹介、評価させていただきました。

原材料やコスパなどから商品全体を評価するとランミールミックスの総合評価は★☆☆☆☆1/5です!

価格が安いという長所はありますが、成分面から見た場合には全くオススメすることができないドッグフードと言えます。

大量の穀類の使用・肉類は◯◯ミールと◯◯パウダーばかり・アレルギーの危険性がある・合成着色料を使用しているなど、マイナスポイントが多すぎます。

ランミールミックスは、典型的な安かろう悪かろうの製品と言えます。

もう少しコストはかかりますが、ワンちゃんの健康を考えればもっとまともなドッグフードを与えた方が賢明でしょう。

このサイトではランミールミックス以外にも様々なドッグフードを原材料などから徹底的に評価しています。

オススメのドッグフードを知りたいという方は、高評価をつけているドッグフードの記事を見ていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です