ロイヤルカナン株式会社のドッグフードの評判や種類

ロイヤルカナン株式会社トップ

フランスのペットフード企業である「ロイヤルカナン株式会社(royalcanin)」の日本の子会社である「ロイヤルカナン ジャポン合同会社

ロイヤルカナン社は、世界中に子会社・営業所・工場を持つ大手ペットフード業者です。

ロイヤルカナン社が製造販売しているドッグフードは、口コミや評判も良く、日本でも多くの人に購入されている人気のあるドッグフードです。

今回の記事では、ロイヤルカナン ジャポン合同会社が販売するドッグフードの種類を紹介し、その評判も合わせて紹介していきます。

ロイヤルカナン ジャポン合同会社の基礎データ

まずは、ロイヤルカナンジャポン合同会社についての情報を紹介します。

社名:ロイヤルカナン ジャポン合同会社
設立:1991年11月(ロイヤルカナン本社は1968年創業)
業種:食料品
事業内容:ペットフードの輸入・販売
代表者:代表取締役社長 山本俊之
資本金:非公開
外部リンク:http://www.royalcanin.co.jp/

企業データはこんな感じですね。

続いて企業理念を紹介しておきます。

企業理念:
Dog & Cat First(すべては犬と猫のために)

企業理念についてはこんな感じですね。

日本での営業を初めてからは四半世紀ほどですが、本社が創業を開始してから50年近くの歴史がある企業です。

ロイヤルカナン ジャポン合同会社の商品ブランド

ロイヤルカナン株式会社は多種類コンセプトのドッグフードを販売しています。

100種類以上のドッグフードを手がけており、犬の身体のサイズや犬種、生活環境にあわせた様々なドッグフードを製造販売しています。

その他にも「食事療法食」と言われる「消化不良」「ダイエット」など特定の状況を改善するような、珍しいドッグフードを製造・販売しています

ロイヤルカナンブランドのドッグフードを下に列挙して紹介します。

【ロイヤルカナンのドッグフードブランド一覧】

  • ロイヤルカナン ブリードヘルスニュートリション(BHN)
  • ロイヤルカナン ラウフスタイルヘルスニュートリション
  • ロイヤルカナン サイズヘルスニュートリション
  • ロイヤルカナン 食事療法食
  • ロイヤルカナン ベッツプラン

ロイヤルカナンはたくさんのブランドで商品を販売していますが、そのブランドの中でも商品は多岐に渡ります。

この中でも特に売れ行きが良いのが「ロイヤルカナンBHN」と「ロイヤルカナン ベッツプラン」です。

ここからは、この2つのプランドのドッグフードについて、それぞれ簡単に紹介していきます。

ロイヤルカナンBHN

ロイヤルカナンBHNトップ

ロイヤルカナンBHNは、犬種別のドッグフードです。

チワワやダックスフンドなどの小型犬から、ゴールデンレトリバーなどの大型犬まで10犬種以上の専用ドッグフードを販売しています。

栄養素の種類や配合量、粒の大きさや形がそれぞれ異なる作りになっています。

ロイヤルカナンBHNの原材料一覧は下記のようになっています(「ロイヤルカナンBHN プードル 成犬用」の原材料を記載)

原材料一覧
とうもろこし、家禽ミート、植物性分離タンパク、動物性脂肪、米、とうもろこし粉、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、魚油、酵母、植物性繊維、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-シスチン、L-チロシン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

主原料が「とうもろこし」というのはチョット気になりますね。

また「BHA」「没食子酸プロピル」などの強力な合成添加物が配合されているのも気になるところです。

ロイヤルカナンBHNの詳しい評価については別の記事で紹介しているので、興味があればそちらの記事を読んでもらえればと思います。

関連記事:ロイヤルカナンBHN成犬用の評判を徹底評価!

ロイヤルカナン ベッツプラン

ロイヤルカナンベッツプラントップ画像

ロイヤルカナンベッツプランはアレルギー対策がされたドッグフードで、皮膚や消化器官に配慮されたドッグフードです。

ということで、アレルギー持ちのワンちゃんや皮膚や消化器官が弱いワンちゃんの飼い主に愛用されています。

この商品は動物病院などでオススメされることが多く、価格が結構高いです。

ロイヤルカナンベッツプランの原材料一覧は下記のようになっています(「ロイヤルカナン ベッツプラン セレクトスキンケア」の原材料を記載)

原材料一覧
米、七面鳥、加水分解動物性タンパク、動物性油脂、大豆油、ビートパルプ、ミネラル類(K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

こちらは主原料はとうもろこしではないものの、穀類(米)が主原料になっているところには疑問を感じます。

また、こちらでも「BHA」「没食子酸プロピル」が配合されています。

価格が高いのに、強力で毒性のある合成添加物が使用されているというのは、ワンちゃんにも飼い主にも良いとは言えませんね。

ロイヤルカナンベッツプランの詳しい評価については別の記事で紹介しているので、興味があればそちらの記事を読んでもらえればと思います。

関連記事:ロイヤルカナンベッツプラン(犬用)の評判を徹底評価!

まとめ

ロイヤルカナン株式会社の製造販売しているドッグフードは、プレミアムドッグフードと呼ばれる高級なドッグフードです。

しかしながら、成分面から見てみると強力な合成添加物などの危険な物質が配合されていることが分かります。

もちろん、合成添加物は少量の添加なので、ワンちゃんへの悪影響は小さなものでしょう。

ですが、ドッグフードは毎日同じものをずっと食べることになりますし、長期に渡って摂取を続けることで悪影響が表れる可能性もあります。

同じような価格で、合成添加物が使用されていないドッグフードも販売されているので、個人的にはそういうドッグフードを選んだ方が良いのではないかと思います。

以上「ロイヤルカナン株式会社のドッグフードの評判や種類」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です