ロイヤルカナンBHN成犬用の口コミ・評判や原材料を徹底評価!

ロイヤルカナンBHNトップ

ロイヤルカナン社から販売されている「ロイヤルカナンBHN(ブリードヘルス ニュートリション)」を原材料などから徹底評価していきます。

ロイヤルカナンは言わずと知れた超有名ペットフード製造・販売業者であり、ブランド力の強い企業です。

ロイヤルカナンはたくさんの種類のドッグフードを販売しています。

BHNはブリードヘルスニュートリションの略で、犬種ごとの特性に配慮したドッグフードです。

ロイヤルカナンBHNとして、プードル・チワワ・柴犬などの10種以上の犬種にそれぞれあわせたドッグフードを販売されています。

この記事ではロイヤルカナンBHNのプードル用を例にして評価をしていきますが、犬種によって原材料はそれほど大きく変わらないので他の商品の参考にもなると思います。

ということで、今回の記事では、原材料や成分などから「ロイヤルカナン BHN プードル 成犬用」を徹底的に評価していきたいと思います。

ロイヤルカナンBHN成犬用のデータ

ロイヤルカナンBHN成犬用の商品画像ロイヤルカナンBHNレーダーグラフ
参考価格 1,554円(公式販売サイト価格)
内容量 800g
生産国 フランス
肉類 (家禽ミート、加水分解動物性タンパク等)
穀類 (とうもろこし、コーングルテン等)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 (BHA、没食子酸プロピル)
総合評価 ★☆☆☆☆(5pt/25pt満点中)

ロイヤルカナンBHN成犬用の原材料

ロイヤルカナン BHN プードル 成犬用の原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

とうもろこし、家禽ミート、植物性分離タンパク、動物性脂肪、米、とうもろこし粉コーングルテン加水分解動物性タンパクビートパルプ、大豆油、魚油、酵母、植物性繊維、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-シスチン、L-チロシン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA没食子酸プロピル

危険性があると思われる原材料表示がいくつか見つかりました。

原材料ごとの詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

ロイヤルカナンBHN成犬用の成分分析値

成分分析値からロイヤルカナン BHN プードル 成犬用の評価をしていきたいと思います。

今回も、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…28.0%
粗脂肪…17.0%
粗灰分…5.8%
粗繊維…3.0%
水分…10.5%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値についは特に問題はありませんね。

ロイヤルカナンBHN成犬用の特徴

ここからは、ロイヤルカナン BHN プードル 成犬用の特徴を紹介していきます。ロイヤルカナンBHNドッグフードの特徴は以下のものですね。

【ロイヤルカナンBHNドッグフードの特徴】

  • 主原料が穀類(とうもろこし)!
  • アレルギーに注意が必要!
  • 超強力な合成添加物を使用している!
  • コスパが悪い

それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

主原料が穀類(とうもろこし)!

まず、ドッグフードを選ぶ際に見るべき点は主原料が肉類であるかどうかという点です。

肝心なのはロイヤルカナンBHN成犬用の主原料が肉類かどうかということですが、原材料の最初に記載されているのは「とうもろこし」です。

肉類としては「家禽ミート」が使用されていますが原材料での記載は2番目です。

つまり、ロイヤルカナンBHN成犬用に最も多く含まれる原材料はとうもろこしということですね。

また、とうもろこし以外にも穀類の表記は多く「米」「とうもろこし粉」「コーングルテン」などの記載が見受けられます。

ワンちゃんは肉食なので穀類を消化・吸収する能力が低く、大量に穀類を含むドッグフードはワンちゃんの消化器官に負担をかけることになります。

原材料表記から考えてみると、ロイヤルカナンBHN成犬用には大量の穀類が含まれていると言えます。

肉類が主原料ではなく、穀類が主原料のドッグフードであるという点は大きなマイナスポイントですね。

アレルギーに注意が必要!

ワンちゃんがアレルギーを持ちやすいことで知られる原材料が「とうもろこし」です。

とうもろこしは穀類のなかでも特に安いのでドッグフードによく使われますが、基本的には避けるべき原材料です。

とうもろこし以外では小麦もワンちゃんがアレルギーを持ちやすい原材料として有名ですね。

上にも書きましたが、ロイヤルカナンBHN成犬用に最も多く含まれる原材料はとうもろこしです。

ロイヤルカナンBHN成犬用にはかなり多くのとうもろこしが含まれていると思われるので、ワンちゃんに与える際にはアレルギーが出ていないか注意する必要があります

ちなみに、しっかりとアレルギー対策がされているドッグフードの場合には、とうもろこしや小麦は使われていません。

超強力な合成添加物を使用している!

ロイヤルカナンBHN成犬用の原材料で最も残念なのが超強力な酸化防止剤「BHA」「没食子酸プロピル」を使用しているということですね。

こういった原材料はドッグフードの酸化を抑えて品質の劣化を防ぐというメリットがあります。

しかしながら、BHAと没食子酸プロピルには毒性が確認されており、発がん性があるということが判明しています。

2つの成分をマウス実験で一定量を与えた場合死亡が確認されるという事例もあり、ワンちゃんにとって嬉しくない成分であるということに間違いはありません。

もちろん、食べてすぐに影響のある量は含まれていないでしょうが、何年も食べ続けた場合にどうなるかは分かりません・・・。

もっと安全な成分が使われているドッグフードもたくさんあるので、毒性のある成分を使用していないドッグフードを選んだ方が無難と言えるでしょう。

コスパが悪い

続いて価格についてですが、800gで1,554円(1日あたり163円)は比較的高価なドッグフードに分類されます。

大量に購入すればもっとコストを抑えることもできますが、比較的高価なドッグフードであることに違いはありません。

比較的高価なドッグフードのロイヤルカナンBHN成犬用ですが、原材料から見るとあまりコスパが良いとは言えないように思います。

主原料がとうもろこし・強力な合成添加物を使用・アレルギー対策ナシという点を見ると、格安のドッグフードとあまり変わらない品質なのではと感じてしまいますね。

実際、ロイヤルカナンBHN成犬用よりも安いコストで最高品質のドッグフードが購入できることを考えると、ロイヤルカナンBHN成犬用を選ぶメリットは無いように感じます。

他のドッグフードと比較してもみても、コストパフォーマンス的に中途半端なドッグフードと言わざるをえないように思います。

ロイヤルカナンBHN成犬用の口コミや評判を紹介!

実際に「ロイヤルカナンBHN成犬用」を利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「ロイヤルカナンBHN成犬用が気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

1度だけ違うフードを与えたら毛並みが悪くなりましたが、ロイヤルカナンを与えたらすぐに柔らかい毛並みに戻りました。
やっぱりロイヤルカナンですね‼︎

前のワンコにあげてたヒルズサイエンスダイエット?かなを最初あげてたのですが、あまり食欲が無いみたいで、食べませんでした。
だけど、コレに変えるとめっちゃ食べたのでこれしか買えません。毛並みも問題ないし、リピートしてます。

レビューが良かったので、ロイヤルカナンに変えてみました。購入後に愛犬の食事について色々と調べて分かった事ですが、人に使用を禁じられている保存料のBHAが使われていました。
また、成分表の表示順は割合の多い物順と言う決まりがあるそうです。
動物性タンパク質より先に穀類が先に表示されているのは、かさ増しでコストを押さえる為で、このフードも犬にとって重要な栄養素の肉の配合量が穀類より少ない物でした。
食いつきは悪くなかったのでがっかりです。もっと慎重に選ぶべきでした。

いままで様々なフードを試しました。半生は喜ぶし安いけど、添加物が多すぎて心配。カナンと同クラスのドライは、どれもすぐ飽きて食べなくなる。
それがカナンに変えたら、喉を詰まらせる勢いで毎日食べてくれます。前はフードに興味が無く、気が向いた時しか食べなかったので、マテとかさせられなかったのですが、いまはヨシと言うまで待ってくれます。

時々、他のブランドに変えることもあるのですが、やはり毛艶が違う様な気がするのです。この寒い時期にこそ原点に戻りロイヤルカナンをつかってみました。一か月後、少し艶が出てきたような気がします。あくまでも私見ですが。

安定したデリバリーとコストです。No Problemです。お勧めのサプライヤーです。

ロイヤルカナン以外あげた事が無いので、比較は出来ませんが、新しい袋を開けた時の喜び方は、ずっと変わりません。これからも、使い続けます。

発ガン物質が見つかったとのことで、改善されたのでしょうか・・・
食いつきも思ったより良くなかったです。

食事って、当たり前だけど人と同じだけ大切なんですね。
お陰様で、抜け毛も解消し毎日元気一杯生きてます。
有難うございました。

安心出来るお買い物でした。また、お願いします。(o^^o)!

「食いつきが良い」や「毛ヅヤがよくなった」というような口コミ・評判が多く、ロイヤルカナンBHN成犬用は多くの利用者に高評価をされていました。

ですが、その半面で酸化防止剤の「BHA」や「没食子酸プロピル」の発がん性を心配する方の声も少なからずありました。

ロイヤルカナンBHN成犬用の評価

今回の記事では「ロイヤルカナンBHN成犬用」を紹介、評価させていただきました。

原材料やコスパなどから商品全体を評価するとロイヤルカナンBHNの総合評価は総合評価は★☆☆☆☆1/5です!

「BHA」「没食子酸プロピル」などの毒性が確認されている原材料を使用しているという点から、1点以上の評価は付けられませんでした。

また、たとえこのような成分を使用していなかったとしても、穀類がメインアレルギー対策ナシ高コストという点で高い評価はできませんね。

ロイヤルカナン社は超有名なドッグフード製造販売業者なので、もっと高品質の製品を販売しているのかと思いましたが、ちょっと意外な結果でした・・・。

ネット上の評判は非常に良いですが、原材料から見る限りでは少なくともロイヤルカナンBHN成犬用はオススメできるドッグフードではないですね。

ロイヤルカナンBHN成犬用と同等以下のコストで最高品質の製品が買えるというドッグフード業界の環境も、ロイヤルカナンBHN成犬用にとってはマイナスポイントですね(愛犬家にとっては嬉しいことですがw)

オススメのドッグフードについては、高評価をつけたドッグフードの記事で紹介しているのでぜひ読んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です