プロフェッショナルバランスの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

プロフェッショナルバランストップ

ペットライン(PETLINE)株式会社から販売されているドッグフード「プロフェッショナルバランス」を原材料などから徹底評価していきます。

プロフェッショナルバランスは国産のドッグフードで、日本に暮らす愛犬の環境を知り尽くしたプロフェッショナルが作ったとされるドッグフードです。

国産の製品ということで評判も良く、プロフェッショナルバランスの品質を信頼して利用をしているユーザーも多いようですね。

今回の記事では「プロフェッショナル・バランス1歳から 成犬用」を原材料や成分、口コミ・評判などから徹底的に評価していきたいと思います。

プロフェッショナルバランスのデータ

プロフェッショナルバランスプロフェッショナルバランスレーダーグラフ
参考価格 2,012円(公式販売サイト価格)
内容量 1,000g
生産国 日本
肉類 (ミートミール、チキンミール等)
穀類 (とうもろこし、コーングルテンミール)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◯(ローズマリー抽出物)
総合評価 ★★☆☆☆(7pt/25pt満点中)

プロフェッショナルバランスの原材料

プロフェッショナルバランスドッグフードの原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

穀類(とうもろこしコーングルテンミール)、肉類(ミートミールチキンミールチキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイルパウダー:DHA源・EPA源、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール)、糖類(フラクトオリゴ糖)、ブドウ種子エキス、共棲発酵エキス(乳酸菌、納豆菌、酵母菌)、シャンピニオンエキス、ビタミン類(ビタミンA 、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12 、ビタミンC 、塩化コリン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

危険性があると思われる原材料表示がいくつか見つかりました。

原材料ごとの詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

プロフェッショナルバランスの成分分析値

成分分析値からプロフェッショナルバランスドッグフードの評価をしていきたいと思います。

今回も、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…24.0%
粗脂肪…10.0%
粗灰分…8.5%
粗繊維…3.5%
水分…10.0%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値についは特に問題はありませんね。

プロフェッショナルバランスの特徴

ここからは、プロフェッショナルバランスドッグフードの特徴を紹介していきます。プロフェッショナルバランスドッグフードの特徴は以下のものですね。

【プロフェッショナルバランスドッグフードの特徴】

  • 主原料は穀類(とうもろこし)
  • 肉類の品質に問題アリ?
  • アレルギーに注意が必要!
  • コスパが悪すぎる・・・

それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

主原料は穀類!

プロフェッショナルバランスの原材料表記の最初に記載されているのは「穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)」ですね。

ハッキリ言って、穀類が主原料のドッグフードをワンちゃんに与えることは良いことではありません

その理由は、ワンちゃんは肉食であり、穀類を消化・吸収する能力が低いからです。

穀類の消化はワンちゃんの消化器官に負担を与えてしまいますし、消化が不十分だと栄養を十分に摂取することができなくなります。

ということで、主原料が穀類というのはドッグフードの評価にあたって大きなマイナスポイントですね。

肉類の品質に問題アリ?

続いて肝心の肉類についてなのですが、原材料表記から見ると肉類の品質に問題があるように感じます。

プロフェッショナルバランスの原材料表記では肉類は「肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)」と記載されています。

問題と思われるのは、◯◯ミールという表記です(◯◯ミールというのは、原材料を粉々に砕いたものです)

実は、ドッグフードに使われている◯◯ミールには、人間が食べられない部分が利用されている可能性があります。

人間が食べられない部分とは、ホネ・ツメ・羽・皮・内臓などですね。

このような原材料には何が含まれているかが分かりませんし、栄養価が低い可能性が高いです。

また、プロフェッショナルバランスの肉類の表記で気になるのは「ミートミール」という記載です。

ミートミールって一体どんな生物の肉を使っているのでしょうか?

牛ならビーフミール、豚ならビーフミールと記載すれば良いはずですが、何か記載するとマズい生物の肉でも使用しているのではないかと感じてしまいます。

肉類は◯◯ミールばかりな上に、何の肉が入っているのか分からないという点は大きなマイナスポイントですね。

アレルギーに注意が必要!

プロフェッショナルバランスにはワンちゃんがアレルギーを持ちやすいとされている原材料が含まれているので注意が必要です。

特にワンちゃんがアレルギーを持ちやすいとされれているのは「トウモロコシ」や「小麦」ですね。

トウモロコシはプロフェッショナルバランスの主原料であり、プロフェッショナルバランスに最も多く使用されてる原材料です。

こういった面から、少なくともプロフェッショナルバランスはワンちゃんのアレルギー対策がされていないドッグフードと言えます。

もし、プロフェッショナルバランスをワンちゃんに与えるのであれば、アレルギー反応がないかどうか注意する必要があります。

コスパが悪すぎる・・・

穀類が主原料であり、肉類の品質が良いとは言えないプロフェッショナルバランスですが、価格は結構高いです・・・。

1,000gで2,012円(1日あたり201円のコスト)というのは、最高品質のドッグフードよりも高い値段設定です。

最高品質のドッグフードならば、高品質の肉類穀類不使用アレルギー対策ありなどのプロフェッショナルバランスでは得られないメリットがあります。

ちなみに、最高品質のドッグフードである「カナガンチキン」は1日あたり150円程度のコストで購入することができます。

こういった高品質で安いドッグフードとプロフェッショナルバランスを比較すると、どうしてもコスパの悪さが目につきます。

原材料から見る限りでは、格安のドッグフードとあまり変わらない品質のように感じますが、価格は高いというのは大きなデメリットですね。

プロフェッショナルバランスの口コミや評判を紹介!

実際にドッグフード「プロフェッショナルバランス」を利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「プロフェッショナルバランスが気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

良く食べるし、ウンチの状態がとても良いです。
久しぶりに気に入ったフード見つけました。

小分けになっていて便利なのですが、ウチの犬(チワワ)は、あまり噛まないので、形が噛みにくいのか丸呑みしてしまって、合いませんでした。

小分けになってて、安心です。いろんなの試しましたが、これが、一番食べてくれます

これに変えてから我が家の犬の食い付きが違います。便の色、硬さも良くやはり納豆菌の効用を感じてます。

生後4カ月ミニチュアダックスを飼っていますが
よく食べます。

「プロフェッショナルバランス」という名前とは裏腹に穀類主体のドッグフード。
価格も安くないですし、正直購入するメリットは無いと思います…

以前に当商品の試供品をいただき、我が家の愛犬に与えたところ、常用していた物と比較にならないほどの喰らいつきにびっくり! 大好きなようです!
納豆菌やDHAがは入っているのが決め手です!

価格は高いのにトウモロコシが主原料はありえない!

プロフェッショナル・バランスは、なんとウンチのにおいがしません! チワワ(9歳)とヨーキーのミックス(2歳)の2匹で、最初からカリカリと食いつきよく、いつも元気に完食、その後すぐに快便してくれます。

以前のフード(シュプレモ)もよかったですが、シュプレモはいつもカリント状のきれいな形のウンチだったのが、プロフェッショナル・バランスはたまに細く柔らかいものや、小さいものも混じることがあります。ティッシュで拾っても、シートに何も付いていません。全然臭わないので、やっていても気づきません。室内犬にはとってもいいと思います。

プロフェッショナルバランスの口コミ・評判を見てみると良い口コミが多いものの、中には酷評をしている声も見かけます。酷評をしている人はだいたい原材料について言及していますね。

確かに、トウモロコシが主原料のドッグフードなのに価格がちょっと高めというのは、しっかりと原材料を調べて利用する人にとっては「うーん…」という感じなのかもしれません。

プロフェッショナルバランスの評価

プロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価は★★☆☆☆2/5です!

残念ながら、プロフェッショナルバランスは原材料表記から見てオススメすることができないドッグフードですね。

穀類が主原料・肉類の品質に疑問がある・アレルギー対策ナシ・高コストなど、デメリットが多いドッグフードだと感じました。

他のドッグフードと比較してみてもメリットと呼べる点はほとんどありませんし、高評価はできないですね。

プロフェッショナルバランスを選ぶのであれば、もっと安くて品質の良いドッグフードが販売されているので、そういったドッグフードを選ぶことをオススメします。

安くて品質の高いドッグフードを知りたいという方は高評価を付けたドッグフードの記事を読んでいただければと思います。

“プロフェッショナルバランスの口コミ・評判や原材料を徹底評価!” への4件のフィードバック

  1. 西田 より:

    我が家では、今この商品を使用しています。最近アレルギー検査をしたところ、じやがいも、こむぎ、大豆に反応があり、このメーカーからだしている、アレルギー対応の商品に変えたら食べなくなりました。上記の商品を使わない商品をさがしています。

    • ミドリ より:

      返信遅くなり申し訳ありません。ワンちゃんがドッグフードを変えて食べない場合は、基本的にワガママを言っているだけなので、変えたドッグフードをそのまま出し続ければ良いです。そうすれば、そのうちワンちゃんが折れて食べてくれるようになります。可哀想に思うかもしれませんが、ワガママに対するしつけの一環と考えると良いのではないかと思います。
      対処方法について詳しくは「犬がドッグフードを食べない原因と対処方法!」で解説をしています。
      小麦のアレルギーは大半のドッグフードがダメになってしまうので大変ですね…。じゃがいも、小麦、大豆が配合されていないドッグフードでおすすめなのは「アランズナチュラルドッグフード」です。アランズナチュラルドッグフードは超高品質で低価格なドッグフードなので、他のドッグフードへの変更を考えているのであれば、この製品の購入を考えてみるとよいのではないかと思います。詳しくは「アランズナチュラルドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!」の記事を参考にしていただければと思います。

  2. 羽柴 より:

    我が家は2頭とも生まれてからずっと、このフードです。
    アレ持ちではないから問題なくこれたのでしょうかね。
    基本はこのフードしか与えません
    おやつはたまにクッキーと歯磨きガム、食事の際はお野菜や味ないお肉などを一緒に与えたりすることもあります。
    犬なのに体臭を感じる事がない、毛艶もとてもいいのはフードのお陰だと思ってました。
    このフードを与えるのは飼い主のエゴ?
    虐待に等しいのでしょうか
    不安になってきました

    • ミドリ より:

      羽柴さんこんにちは。
      プロフェッショナルバランスは原材料から見る限りは良いドッグフードであるとは言えませんね。
      プロフェッショナルバランスは穀類メインのドッグフードですし、肉食動物であるワンちゃんの食性には向いていないと言えます。
      「虐待」は言い過ぎではありますが、ワンちゃんの健康を考えるのであればお財布と相談しながら原材料を確認して、なるべく良いドッグフードを選んで上げるように心がけると良いでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です