オーガニックドッグフードってナニ?本当に安全性は高い?

犬画像13

現代の市場にか数多くのドッグフードが流通しており、ドッグフード多様化が進んでいます。

ドッグフードの種類が増加したことによって、ドッグフードの分類も複雑になってきています。

そんな複雑に分類されたドッグフードの中でも、注目されることが多いのが「オーガニックドッグフード」です。

「オーガニック」と聞くと、意味はよくわからないけれど身体に良さそうと感じる人も多いと思います。

ですが、本当にオーガニックドッグフードというものはワンちゃんにとって良い製品なのでしょうか?

今回の記事では「オーガニックドッグフード」がどんなものなのかということを解説し、その有効性についても合わせて紹介していきます。

そもそも「オーガニック」とはなんなのか?

オーガニックと聞くと反射的に良さそうなものに感じますが、そもそもオーガニックとはどういうものなのでしょうか?

オーガニックとは英語で書くと「organic」で、日本語に直訳すると「有機体の」という形動詞にあたります。

「有機体の」という意味が転じて「化学肥料や農薬を不使用の野菜や添加物不使用の食品」をさすこともあります。

「オーガニックドッグフード」の「オーガニック」の意味に当てはまるのは、後者の「化学肥料や農薬を不使用の野菜や添加物不使用の食品」です。

「オーガニックドッグフード」には明確な定義はない!

ここで重要なのが「オーガニックドッグフード」という言葉には明確な定義が無いということです。

どういうことかいうと、世に言う「オーガニックドッグフード」とは、オーガニックな原材料をつかったドッグフードを指す造語なんですね。

なので、オーガニックドッグフードと呼ばれる製品の中には、使用されている原材料の内のごく一部の原材料だけがオーガニックなものであるという場合もあります。

つまり、農薬をたっぷり使用した原材料を使っていても、一部の原材料がオーガニックであれば、オーガニックドッグフードと言えてしまうということです。

ということで「オーガニックドッグフード」と名乗っていても、そのドッグフードが安全であるという保証は無いということですね。

「オーガニック」も完全に安心はできない!

オーガニックは「無農薬」の原材料であるということを上で書きましたが、実際には、農薬を使ってもオーガニックを名乗れる場合もあります

実は特定の農薬であれば、使用していても「オーガニック」を名乗ることができるのです(JASでは31種類の農薬の使用は認められています)

つまり、農薬を使っていても、指定された農薬であれば「オーガニック」と言うことができてしまうということですね。

また、完全に無農薬の原材料でも、その原材料自体がワンちゃんにとっては良い物ではない可能性もあります

例えば、トウモロコシや小麦は、ワンちゃんのアレルギーの原因になる原材料ですし、こういった原材料がオーガニックであっても、嬉しくはありませんよね。

ここまで読めば分かると思いますが、「オーガニックドッグフード」を名乗っているドッグフードであっても、品質に問題がある可能性は十分にあります。

ということで、オーガニックドッグフードという広告を過信してはいけないということですね!

ドッグフードは何を基準に選べばよいか?

「オーガニック」を基準にドッグフードが選べないとなれば、何を基準にドッグフードを選べば良いのか分からないという方もいると思います。

ドッグフードを選ぶ基準として見るべきものは「原材料表記」です。

原材料表記を見れば、そのドッグフードの良し悪しは簡単に分かります(もちろん知識はある程度必要ですが)

しっかりと原材料表記を見てドッグフードを選べば、中途半端な「オーガニックドッグフード」を選ぶことはなくなります。

このサイトでは、原材料表記を基準にして数々のドッグフードを徹底的に評価しているので、ドッグフードを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

まとめ

ドッグフードは様々な謳い文句で販売されています。

「オーガニックドッグフード」というのは、その謳い文句の1つです。

もちろん、オーガニックの原材料を使っているということは悪いことではありません。

ですが、オーガニックドッグフードという言葉の定義はかなり曖昧なものなので、その謳い文句を過信することは危険です。

ということで、広告を見て気になるドッグフードがあれば、必ず原材料まで確認して、本当に良いドッグフードかどうかを調べるようにしましょう!

以上「オーガニックドッグフードってナニ?本当に安全性は高い?」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です