大型犬のドッグフード切り替え体験談!おすすめは原材料が優れた製品!

大型犬のドッグフード切り替え体験談

  • 犬種:ミックス(スタンダードプードル×ラブラドール)
  • 年齢:10歳
  • 利用していたドッグフード:
  • 切り替え前:ユーカヌバ、ロイヤルカナン、ニュートロナチュラルチョイス
    切り替え後:カナガンチキン

最初はドッグフードは適当に選んでた!

現在、我が家ではバーニーズマウンテンドッグとミックス犬を飼っています。

2匹とも大型犬のためドッグフード代をはじめ、ペットシート、フィラリアやフロントラインなど小型犬と比べるとかなりお金がかかりました。

2匹の体調に合うフード選びは通っていた動物病院に併設されていたグッズやフードを販売しているショップで購入していました。

当時は私自身が原材料など内容について全く無頓着で、ただすすめられるままに色んなドッグフードを試していました。

健康を考えてドッグフードを原材料で選ぶように!

近年になり自分自身や家族の健康を考えるようになり、無添加でなるべく自然な食材や調味料を選ぶようになっていきました。

そこで家族の一員である我が家の犬たちにも、よりよいドッグフードを食べて健康で長生きしてもらいたいという気持ちから、現在利用している「カナガンチキン」にたどり着きました。

このドッグフードに替えると、2匹の犬たちのうんちの量、うんちのにおい、体臭、毛づやなどに変化が見られました。

以前はうんちの量も多く、においもきつかったのがマシになり、体臭も軽減、毛づやも良くなったと思います。

原材料を見るうえで注意をしたこと!

ドッグフードを選ぶかさ増しのためによく入っている小麦やとうもろこし、食品添加物、酸化防止剤、防腐剤などが入っていないという安心感。

ドライフードにもかかわらず手でつぶすことができるほど簡単に噛み砕くことができ、丸のみするわんちゃんでも消化吸収を助けてくれると思います。

このドッグフードに替えてからは私自身が犬の健康状態にも気を配り、一日の排泄物の量、回数、においなど以前にも増して気をつけて観察するようになりました。

現在では心身ともに健康であることを目指し、手作りごはんの勉強も始めています。

ワンちゃんの体は食べ物でできている

「私の体は私が食べたものでできている」というCMがありましたが、そのセリフのとおり私たちや犬たちにとっても食事はとても大切であり、食べる喜びを味わえる瞬間でもあると思います。

また、おいしそうに食べている姿、満足げに舌なめずりをしている姿を見て、私も喜びを感じられます。

言葉が話せない犬の体調や気持ちをいかに理解できるか。毎日を快適に安心して暮らせる環境でともに過ごせますように楽しいわんこライフをこれからも送りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です