お腹がゆるい大型犬のドッグフード切り替え体験談!何を見て判断するべきか?

お腹がゆるい大型犬フード切り替え体験談

  • 犬種:シベリアンハスキー(名前:リュウ)
  • 年齢:5歳
  • 病気:お腹がゆるい
  • 利用していたドッグフード:
  • 切り替え前:アボダーム、プリスクリプション、ユーカヌバ、ナチュラルバランス、アーテミス、ソルビダ、ピュリナプロプラン
    切り替え後:カナガンチキン

わんこのうんちがゆるくて困った!

現在シベリアンハスキー、5歳体重33キロを飼っています。

うちの子はお迎えした時からうんちが緩く、ショップで食べていたヒルズのフードでも緩めでした。

まだ子犬だった為、環境の変化でお腹がゆるいのかなと思っていましたが一向に良くならず。

最初に替えたフードはヒルズから「アボダーム」のパピーでした。

アボダームは評判も良いし、小麦粉が入っていないということでアレルギー持ちではありませんでしたが念には念を…という感じで与えていました。

お水のようなうんちではありませんが、地面にぺったりくっついてしまう程のゆるいうんちはアボダームでも改善されませんでした。

様々なドッグフードを試す日々が始まった!

半年ほどアボダームを与えましたが、一度お医者に診て貰い、消化不良などに対応ひている医療用のヒルズの「プリスクリプション」i/dに変更してみました。

i/dに替えたところ、うんちは少し硬めになりましたが量が今までの1.5倍ほどになり色も黄土色になりました。

暫く与えてみましたがユルユルうんちをする回数も増え、フードのお値段も高かった為違うものを試すことにしました。

ユーカヌバ」「ナチュラルバランス」「アーテミス」「ソルビダ」等色々試しましたがどれもうんちは改善されませんでした。

チキンが合ってるのかも!と気がつく

大型犬ですが食いつきもあまり良くなく、まずフードを食べてくれることを重点的にしてみてうんちは二の次…と考えるようになりました。

次に与えたのは「ピュリナプロプラン」のサーモンでした。

これは鮭の香りがして美味しそうな匂いもし、食いつきは最初は凄く良かったのですがうんちがとても緩くなってしまい、手では掴みきれないほどになってしまったのでピュリナプロプランのチキンを与えました。

食いつきはあまり良くありませんでしたがうんちは少しだけ改善されました。

ようやく合うドッグフードが見つかる!

このような結果を受けて、リュウにはチキン系のドッグフードが合っているのかなと思いました。

しかしながら、しばらくするとピュリナプロプランに全く見向きもしなくなってしまい次のフードを探しました。

次に与えたのは「カナガンチキン」でした。これがヒットしたようでした。

食いつきが非常に良く、うんちの状態もコロコロとまではいきませんが地面にくっつかない位のユル硬さで問題無い感じでした。

穀類が一切使用されていないのが、消化器官に良い影響を与えたのかもしれません。

わんこが耳の中がただれる皮膚病に!

大型犬が小型犬のドッグフードを食べるとなると一回辺りのフード量が凄く多くなりますが体重管理用にして適正量よりも1カップ少なめにしています。

本当は金銭面的には大容量のフードの方が助かるのですが、緩いうんちをして辛いのはワンちゃんの方なので、大容量パックのないカナガンチキンを購入しています。

食が細いワンちゃんですが、カナガンチキンはバクバクと食べてくれて非常に助かっています。

毎年夏バテをしていましたが、このままいけば、夏バテすることなく乗り切ってくれるのではないかと期待しています!

管理人からの一言
ワンちゃんは人間と比較すると食べ物の消化・吸収能力が低いので、ちゃんとドッグフードを選んであげることが重要です。
今回の体験談のワンちゃんは、通常の子よりもさらに消化器官が弱いようなので、こういったケースではさらに注意が必要ですね。
体験談にも書かれていましたが、ワンちゃんは肉食なので穀類の消化が苦手であり、穀類不使用のドッグフードは消化・吸収の効率が良いです。
ワンちゃんの軟便に悩まされているのであれば、穀類不使用のドッグフードを選んでみることをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です