ニュートロシュプレモドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

シュプレモヘッダー

NUTRO(ニュートロ)社から販売されている「Supremo(シュプレモ)」ドッグフードを原材料などから徹底評価していきます。

ニュートロ社は自然素材にこだわったオーガニックペットフードを販売しています。

ニュートロシュプレモにはいくつかの種類が存在しており、子犬用・成犬用・シニア犬用などがそれぞれ販売されています。

ここでは、オンライン通販サイトのAmazonで売れ行きの良い「ニュートロシュプレモ 小粒 小型犬用 成犬用」を例にしています。

今回の記事では、原材料や成分などから「ニュートロシュプレモ 小粒 小型犬用 成犬用」を徹底的に評価していきたいと思います。

ニュートロシュプレモドッグフードのデータ

シュプレモ商品画像ニュートロシュプレモレーダーグラフ
参考価格 1,806円(amazon価格参照)
内容量 1,000g
生産国 アメリカ
肉類 ◎(チキン生肉等)
穀類 ◯(玄米、粗挽き米等)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◯(ミックストコフェロール等)
総合評価 ★★★★☆(20pt/25pt満点中)

ニュートロシュプレモドッグフードの原材料

ニュートロシュプレモ 小粒 小型犬用 成犬用の原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、 鶏脂、乾燥ラム肉、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、亜麻仁、ビートパルプ、オーツ麦、ひまわり油、乾燥卵、トマト、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

色文字の原材料がほとんどないことから、原材料的には安全性の高いドッグフードであることが分かります。

製品の更に詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

ニュートロシュプレモドッグフードの成分分析値

成分分析値からニュートロシュプレモドッグフードの評価をしていきたいと思います。

こちらも黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…26.0%
粗脂肪…15.0%
粗灰分…9.0%
粗繊維…4.0%
水分…10.0%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値についは特に問題はありませんね。

ニュートロシュプレモドッグフードの特徴

ここからは、ニュートロシュプレモドッグフードを紹介していきます。ニュートロシュプレモドッグフードの特徴は以下のものですね。

【ニュートロシュプレモドッグフードの特徴】

  • 主原料がしっかりしている!
  • 穀類はアレルギーが少ないものを使用している
  • ビートパルプが配合されている

では、ここからはそれぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

主原料がしっかりしている!

ニュートロシュプレモの原材料表記を確認すると、1番最初に記載されているのは「チキン生肉」で2番目が「乾燥チキン」です。

原材料表記は含有量が多い順に書かれるというルールがあるので、ニュートロシュプレモの主原料はチキンであるということが分かります。

ワンちゃんは肉食なので、主原料が肉であるというのは良いポイントです。

また「チキン生肉」と記載してあることから、しっかりと食肉部分を使用していることがわかるのも良いポイントです。

安くて品質の悪いドッグフードだと、主原料はトウモロコシなどの植物系のものであったり、動物の食肉部分ではない部分を使用しているドッグフードもあります。

ニュートロシュプレモは安くて品質の悪いドッグフードとは異なり、主原料に品質の高い肉を使用している点で良いドッグフードであると言えます。

穀類はアレルギーが少ないものを使用している

ドッグフードに含まれる穀類で多いのが「トウモロコシ」や「小麦」といった原材料ですね。

トウモロコシや小麦は原材料費が安いので、価格を抑えることができるというメリットからドッグフードによく使用されます。

しかし、トウモロコシや小麦はワンちゃんにアレルギー反応を起こさせる確率が高い原材料であるということが知られています。

なので、ワンちゃんのアレルギーに配慮した製品であれば、基本的にトウモロコシや小麦は含まれていません。

ニュートロシュプレモの原材料を確認してみると、穀類で使用されているのは「玄米」「粗挽き米」「オーツ麦」ですね。

トウモロコシや小麦などのアレルギー反応が出やすい原材料をしっかりと避けているのは、非常に好印象です。

ビートパルプが配合されている

ニュートロシュプレモの原材料表記で唯一気になるのが「ビートパルプ」が含まれているということですね。

ビートパルプとは、テンサイ(別名:サトウダイコン)から砂糖を抽出した後に残った果肉繊維質のことです。

ビートパルプの問題点は2つあり、その2つとは「ビートパルプの作り方」と「ドッグフードとワンちゃんの相性が分からなくなる」という点です。

ビートパルプの作り方について

まず、ビートパルプの作り方についてですが「圧縮して時間をかけて抽出する方法」と「硫酸系薬剤を使って短時間で抽出する方法」があります。

基本的に、ドッグフードに使用されるビートパルプは費用を抑えるために、薬剤を使って抽出していることがほとんどであると言われています。

ニュートロシュプレモの場合には、どうやってビートパルプを作っているのかは不明ですが、薬剤を利用している可能性も十分にありえます。

当然ながら、硫酸系の薬剤はワンちゃんにとって良いものではありません。

賛否両論あるものの、ビートパルプに硫酸系の薬剤が残留している可能性があるので、ビートパルプの使用はマイナスポイントですね。

ドッグフードとワンちゃんの相性がわからなくなる

次に、ドッグフードとワンちゃんの相性がわからなくなってしまうという点について。

ビートパルプにはワンちゃんの便を固くするという効果があります。

ドッグフードとワンちゃんの相性が良くない場合には、便が柔らかくなるという症状が表れるので、便の状態から相性を知ることができます。

しかし、ビートパルプが含まれている場合には、相性が良くなかったとしても便が固くなるので、ドッグフードとワンちゃんの相性を知ることができなくなってしまいます

この2点から、ドッグフードにおいてビートパルプは賛否両論ある原材料とされています。

ニュートロシュプレモドッグフードの口コミや評判を紹介!

実際に「ニュートロシュプレモ」を利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「ニュートロシュプレモ」が気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

ドライのドッグフードを食べてくれなかったトイプードルが、トッピングなしで喜んで食べてくれました。
シュプレモの袋のところに行って、おかわり(?)をおねだりするくらい気に入ったようです。

ドッグトレーナーの方に勧められて、3㎏のトイプードルに食べさせています。
もともと何でも食べる子ですが、切り替えも問題なく食べてくれました。
近所では販売していなかったので、送料無料て購入出来るのはありがたいです。

がっつくタイプなのに、けっこうフードを選ぶ、犬くんです。最初の食いつきに驚きました!現在、10日ほど立ちましたが相変わらずの勢いで、美味しそうに食べています。うんちも扱いやすく、匂いも気になりません。これからリピするところです。

うちはダックスとパピオン、チワワの3匹います♪
ダックスは食べない方で困っていましたが、これに替えてから、食べる方に変わりました。
ワンコたちには好評いいかも♪

トイプとマルチーズのMIXに与えました。
単にうちのワンコが食い意地張ってるだけかもしれませんが、生後3ヶ月ほどで来て、最初はロイヤルカナンを1ヵ月くらい上げ、ちょっと高いのでその後半年くらいこれの子犬用をあげました。
涙やけなどほぼ皆無ですくすく育ちました。9ヶ月目くらいから成犬とのことなのでこちらの成犬用をあげてますが、こちらは涙やけが結構出てますね。あと糞が緩めで臭くなりました。子犬用と似たような成分にしてもらえてばいいんですけど…

むすこはミニチュアシュナウザー、もうすぐ2才です。食欲旺盛でよく食べる子です。今までサイエンスダイエットを食べさせていました。シュプレモに変えてからウンチがきれいな黄色になりにおいもほとんどありません。とてもいいです。

ペットショップでこれの子犬用をあげていたのでずっとこのドッグフードです。1才を越えたのでこちらを購入しました。よく食べています。袋が大きいので湿気ないようにする必要があります。

鶏・豚・鮭などタンパク質が多く入っていて、とうもろこしが入っていないので、気に入ってずっとシュプレモです。
ダックスフントとチワワを飼っていますが、2匹とも離乳期からシュプレモで、理想的な体格で体毛もつやつやです。

このフードに辿り着くまで3年!?
飽きっぽいウチの子がこんなに(数週間)食べ続けたフードは初めて。
今、これを含めて3種類のフードでやりくりしてます。
食べるようになって約1年。たぶん一生お世話になると思います。

好き嫌いが多く乾燥ドックフードをあまり食べなくなったわが家の犬も、シュプレモは食べてくれます。自然素材のフードで食べてくれるものはなかなかありません。pet doというフードも食いつき抜群でしたが、価格が高く、すぐに買い足さなければならなかったため、いいフードを探していて見つけたのがシュプレモでした。

ニュートロシュプレモドッグフードの口コミを紹介しましたが、良い口コミが非常に多かったです。食いつきだけでなく原材料面でも評価されているのが格安のドッグフードとの違いと言えるでしょう。

多少の穀類が使用されていることとビートパルプが配合されている事以外には原材料面には問題がありませんし、口コミ・評判が良いのは順当な結果であると思いますね。

ニュートロシュプレモドッグフードの評価

ニュートロシュプレモ 小粒 小型犬用 成犬用の総合評価は★★★★☆4/5です!

ニュートロシュプレモはネット上でも評判の良いドッグフードですが、原材料から見ても高い評価ができるドッグフードですね。

主原料は品質の良い肉類であり、穀類はアレルギー反応の少ないものを使用し、危険な合成添加物も含まれていないなど、ワンちゃんにメリットの多いドッグフードであると言えます。

難点としてビートパルプが含まれているという点があり、その難点を重視して総合評価をマイナス1点しました。

ビートパルプ含有という点があるもののそれ以外の原材料に文句はなく、オススメできるドッグフードの1つです。

また、原材料にしっかりとした素材を使ってこの価格であれば、文句はないように思います。

ニュートロシュプレモよりも安くて品質の良い製品(総合評価が★★★★★の製品)もありますが、ニュートロシュプレモはその製品とくらべてもほとんど遜色の無いドッグフードです。

安全なドッグフードを探しているのであれば、総合評価5の製品と比較してみて、ニュートロシュプレモの購入を検討するのも十分にアリだと思います。

“ニュートロシュプレモドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!” への2件のフィードバック

  1. あこまま より:

    チワワを飼っていてシュプレモを食べさせ始めました。
    食いつきが悪く、かなりの時間をかけたべていましたが、
    シュプレモに、替えてから食いつきがよくなり、完食するようになりました!美味しいのだと思います。
    前は、サイエンスダイエットの体重管理を、食べさせていました。
    いまは、シュプレモの体重管理です。

    • ミドリ より:

      あこままさんこんにちは。
      ニュートロのシュプレモは良いドッグフードですので切り替えにうまく成功して本当によかったですね。
      サイエンスダイエットも悪いドッグフードではないのですが原材料面で少し気になる部分もありますし、良いドッグフードの切り替えだと思います。
      ワンちゃんの健康はドッグフードに大きく左右されるので、良いドッグフードをキチンと選んでいるあこままさんは飼い主として素晴らしいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です