ドッグフードは人間が食べると危険?成分的に考えてみる

b919b4ba3c7817c7a5d46f960b4d4308_s

極稀にですが、ドッグフードを食べたことがあるという人の話を耳にします。

わたし自身、現実世界でそのような人に会ったことはありませんが、ネット上ではドッグフードを実際に食べて、味のレビューをしているという人もいます。

ここで「ドッグフードは人間が食べても問題ないの?」と疑問に思う人もいると思います。

今回の記事では、人間がドッグフードを食べるということの是非について、成分面から考えてみたいと思います。

ドッグフードと人間の食事の違い

まず、ドッグフードと人間の食事の違いについて、考えていきたいと思います。

いろいろな面で違いはあるのですが、2つを比べた時に大きく違いが表れるのは以下のような点です。

【ドッグフードと人間の食事の違いとは!】

  • 原材料
  • 法律
  • 栄養素
ここからは、この4つの点についてそれぞれ詳しく解説して、ドッグフードを人間が食べる危険性について書いていきます。

ドッグフードに使われる原材料について

ドッグフードには、日常生活では人間が食べないような原材料が使われているケースがあります。

例えば、ドッグフードに配合されている肉類は、動物のホネやツメや血液などの人間が食べられない部分を使っていることがあります

つまり、ドッグフードを作る際には、人間用の食肉部位を取った後に残る、本来であれば食べられない部位が加工されて利用されるということですね。

このような食肉以外の部位を無理矢理加工して食用にした原材料は、栄養素が少なく、消化にも悪影響があります

ちなみに、このような原材料は、ドッグフードの原材料では、「◯◯ミール」と記載されます。

食肉部位を使うと、ドッグフードの製造コストが高くなってしまうので、格安のドッグフードではこのような原材料が積極的に使用されています。

そもそも、このような原材料はワンちゃんにとって良くないものですし、当然ながら人間にとっても良いものではありません

関連記事:【ドッグフードの原材料】チキンミールは本当に危険?

ドッグフードと法律について

「ドッグフードに適応される法律」と「人間の食べる食品に適応される法律」は、全く違うものです。

基本的に、人間の食べ物に関する法律よりも、ドッグフードに適応される法律の方がゆるいです。

なので、人間の食品に使用してはいけないとされているものであっても、ドッグフードへの使用は禁止されていない原材料もあります

例えば、ドッグフードには保存性を高めることを目的として、合成添加物を使用されることが多いです。

ドッグフードの消費期限を見たことがある人もいると思いますが、製品によって異なるものの、ドッグフードの中には消費期限が1年を超えるものもあります。

ドッグフードは一度に使い切ることができませんし、量販店などでは常温で長期間に渡って置くこともあります。

そのような場合でも腐らないように、ドッグフードには毒性が確認されているような超強力な防腐剤(人間食には使用不可)が使用されることがあります。

もちろん、毒性があると言っても、食べたらすぐに悪影響が出るというものではありません。

ですが、毎日そのような成分が配合されたドッグフードを与えることで、毒性のある成分は徐々に身体に蓄積されてきます。

人間は犬に比べて身体が大きいので、影響は比較的小さくなりますが、そういった成分を体内に入れるというのは少なくとも良いことではありませんね。

関連記事:格安のドッグフードが危険な4つの理由!安全性が低い原因は?

人間と犬では必要な栄養素が違う

人間と犬ではそもそも必要な栄養素が違います。

人間は雑食動物なのに対して、ワンちゃんは完全な肉食動物です。

例えば、人間にとっては米や小麦粉などの穀類は生命の維持に必要なものですが、ワンちゃんにとって穀類は消化不良やアレルギーを起こす原因になる食品です。

ドッグフードは、肉食動物であるワンちゃんの食事を目的として作られています。

ということで、雑食である人間にとって必要な栄養素は十分には含まれてはいません。

人間が少しドッグフードを食べる分には、栄養素的には問題は無いですが、人間が長期間に渡ってドッグフードだけを食べる場合には栄養失調を起こす可能性があります。

人間がドッグフードだけを毎日食べるという状況が起こるケースは、ほぼありえないことではあると思いますが(笑)

関連記事:穀類メインのドッグフードがダメな4つの理由

ドッグフードはマズい(らしい)

ドッグフードを食べた人のレビューを見てみると、基本的にドッグフードはマズいそうです。

全体的にドッグフードは薄味で作られています。

その理由は、ワンちゃんの味覚は人間ほど発達しておらず、味に対する感知能力が弱いからです。

なので、人間が食べると味気なさを感じてしまうようですね。

ドッグフードがマズいからといって、それ自体は人間には害はないですが、やはり気分は良くないですよね。

ただし、全部のドッグフードがマズいというわけではなく、中にはそこそこ美味しいドッグフードもあったそうです。

人間が食べても問題無いドッグフードもある

上の方で、ドッグフードには「食用ではない原材料が使用されている」ということや「強力な合成添加物が配合されている」というようなことを書きました。

しかし、これは全てのドッグフードに当てはまることではありません。

数あるドッグフードの中には、人間が食べても全く問題の無い製品も存在しています。

そのような製品は「ヒューマングレードドッグフード」と呼ばれます。

ヒューマングレードドッグフードは、人間も食べられる食肉部位を使用し、強力な合成添加物を含まないドッグフードです。

わたしが現在利用しているこのサイトイチオシのドッグフード「カナガンドッグフード」もヒューマングレードドッグフードです。

最近では、ドッグフードを原材料から選ぶ愛犬家の人も増えてきていて、ヒューマングレードドッグフードの売上はかなり伸びています。

ということで、ドッグフードの中には、人間が食べても問題の無い高品質の製品が存在するということでした!

まとめ

多くの格安ドッグフードには、当然のように危険な原材料が配合されています。

人間は身体が大きいので、ドッグフードを少し食べたからといって、悪影響表れることはほとんどありません。

しかし、小型犬に毎日そのようなドッグフードを与えた場合には、悪影響が表れる可能性が十分にあります。

現在は、価格競争によってヒューマングレードのドッグフードであっても、お手軽な価格で購入することが可能になっています。

もし、現在利用しているドッグフードの原材料に危険な成分が含まれているのであれば、これを機に、買い替えを検討してみると良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です