ナチュラルハーベストドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

ナチュラルハーベストトップ

株式会社バンガードインターナショナルフーズから販売されている「ナチュラルハーベスト」ドッグフードを原材料などから徹底評価していきます。

日本発のプレミアムドッグフードであり、公式サイトによれば「安心・安全を第一に商品を作っている」ということです。

ドッグフードにおいては、海外発の製品の方が品質・コスト共に良いイメージがありますが、ナチュラルハーベストについてはどうなのでしょうか?

今回の記事では、原材料や成分、口コミ・評判などから「ナチュラルハーベスト プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」を徹底的に評価していきたいと思います。

ナチュラルハーベストのデータ

ナチュラルハーベストの商品画像ナチュラルハーベストレーダーグラフ
参考価格 3,132円(amazon価格参照)
内容量 1,132g
生産国 アメリカ
肉類 ◯(ワイルドボアー生肉等)
穀類 ◎(不使用)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◯(ローズマリー抽出物)
総合評価 ★★★★☆(19pt/25pt満点中)

ナチュラルハーベストの原材料

ナチュラルハーベスト プライムフォーミュラ マイリトルダーリンの原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

ワイルドボアー生肉(Fresh Wild Boar)、ターキー生肉(Fresh Turkey)、ポテト、ターキーレバー(Fresh Turkey Liver)、ターキーハート(Fresh Turkey Heart)、えんどう豆、ターキーミールチキンミール、ポテトプロテイ、メンハーデンミール、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)、鶏卵、タラ肝油、トルラ酵母、ビール酵母、えんどう豆繊維、亜麻仁、加水分解チキンエキス、海塩、亜鉛酵母、イヌリン、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)、昆布、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、タウリン、ビタミンE、キレート銅、Lカルニチン、ラクトフェリン、ビタミンC、ユッカ、グレープシード抽出物

危険性があると思われる原材料表示がいくつか見つかりました。

原材料ごとの詳しい情報については後ほど詳しく解説していきます。

ナチュラルハーベストの成分分析値

成分分析値からナチュラルハーベスト プライムフォーミュラ マイリトルダーリンの評価をしていきたいと思います。

今回も、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…32.5%
粗脂肪…13.0%
粗灰分…7.0%
粗繊維…3.0%
水分…10.0%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値についは特に問題はありませんね。

ナチュラルハーベストの特徴

ここからは、ナチュラルハーベスト プライムフォーミュラ マイリトルダーリンの特徴を紹介していきます。

ナチュラルハーベストドッグフードの特徴は以下のものですね。

【ナチュラルハーベストドッグフードの特徴】

  • 穀類不使用のグレインフリードッグフード!
  • 主原料は質の高い肉類!
  • ◯◯ミールの記載がある
  • 保存方法に特徴アリ!
  • 難点はコストの高さ!

それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

穀類不使用のグレインフリードッグフード!

ナチュラルハーベスト プライムフォーミュラ マイリトルダーリンの特徴は穀類不使用のグレインフリードッグフードであるという点ですね。

ワンちゃんは穀類を消化・吸収する能力が低いので、穀類が多いドッグフードはワンちゃんの消化器官に負担を与えてしまいます。

その点、グレインフリードッグフードならば、穀類が使用されていないのでワンちゃんの消化器官への負担を最小限にすることができます

少々であれば穀類が入っていても問題はありませんが、ドッグフードの中にどれだけ穀類が含まれているのかは原材料表記からは分かりません。

ということで、穀類がどれだけ入っているか分からないという疑問を持つ必要のないグレインフリードッグフードはワンちゃんにとってありがたいものであると言えますね。

主原料は質の高い肉類!

たとえグレインフリードッグフードであっても、肉類の質が悪いものであったら意味はありません。

質の低い肉類というと、人間の食べられない部分(ホネ・皮・ツメ・ハネ)などの部分を無理やり加工したような原材料ですね。

このような原材料は栄養価が低いですし、消化するために消化器官に負担を与えてしまいます。

そこで肝心なのがナチュラルハーベストに使用されている肉類の質なのですが、原材料表記から見てみると質はかなり良さそうです。

原材料表記の最初に書かれているのは「ワイルドボアー生肉(イノシシ)」で次が「ターキー生肉」ですね。

しっかりと「生肉」と書かれているので、ナチュラルハーベストには食肉部分が使われていることがわかります。

名ばかりのプレミアムドッグフードではなく、品質も高いドッグフードであるということが伺える表記です。

◯◯ミールの記載がある

主原料として肉類は「生肉」や「レバー」や「心臓」を使っていますが、その他にも肉類として「ターキーミール」「チキンミール」「メンハーデン(ニシン)ミール」も使用しています。

この◯◯ミールというのは、原材料を砕いて粉状にしたものです。

実は、ドッグフードに使用される◯◯ミール系の原材料は、肉副産物と呼ばれる栄養価の低い部分が使用されている可能性があるので注意が必要です。

肉副産物の代表的な部位としては「ホネ・皮・ツメ・ハネ・内臓」などですね。

このような部分は栄養価が低いですし、消化期間にも悪影響を与える可能性があるのでワンちゃんにとってはありがたいものではありません。

ナチュラルハーベストの公式サイトを確認してみると、ドッグフードには人間の食べられる原材料を使っているという記載があります。

ナチュラルハーベストの場合は、価格的に考えても質の悪い原材料でかさ増しをしている可能性は低いように思いますし、◯◯ミールの記載があったとしても問題がないのではないかと思われます(もちろん絶対安全というわけではありませんが・・・)

保存方法に特徴アリ!

ナチュラルハーベストは真空パック・不活性化ガスの充填など特殊な保存方法を採用しているドッグフードです。

ドッグフードの酸化を少しでも防ぐために、なるべく酸素に触れないように工夫をしているようです。

ナチュラルハーベストは強力な人工酸化防止剤を使用していないので、このような酸化を防ぐ工夫は嬉しいですね。

酸化したドッグフードは、味だけでなく消化器官のトラブルを引き起こすこともあります。

そういった品質低下の悩みを抱える必要が無いという点でナチュラルハーベストは評価できるドックフードであると思います。

難点はコストの高さ!

品質にはかなり好印象の持てるナチュラルハーベストですが、難点となるのがコストの高さです。

原材料にお金をかけているので価格が高くなるのは当然なのですが、ナチュラルハーベストは他のプレミアムドッグフードと比較しても少し価格が高めです。

1,132gで3,132円(1日あたり235円)というのは、なかなか手を出しづらいものがあります。

大量購入をすればもう少しコストを抑えることは可能ですが、それでもまだ高いように感じます。

ドッグフード業界の価格競争は熾烈で、現在では最高品質のドッグフードが1日あたり150円程度で購入できるようになっています。

確かにナチュラルハーベストは良いドッグフードなのですが、残念ながら価格的に見ると選ぶメリットは少ないように感じてしまいますね。

ナチュラルハーベストの口コミや評判を紹介!

実際にドッグフード「ナチュラルハーベスト」を利用している人の口コミ・評判を見てみましょう!「ナチュラルハーベストが気になる!」という人は商品選びの参考にすると良いのではないかと思います。

【食いつき】良いです
【栄養バランス】問題ありません
【安全性】良いと思ってます
【価格】少し高いですが、酸化防止剤が入っているのは食べさせたくありません!
【保存期間】封を切ったのは冷蔵庫保存で、5日ほどで食べるので問題ありません。
【その他】低アルブミン血症で一時は6.5キロまで痩せてしまったけど、今は8.2キロまで体重が増えて、ほんとにありがたいと思ってます。

生後2ヶ月トイプードル白、涙やけ酷く獣医で処方された目薬やフードを変えたりしてみたが効果なし!そんなおりナチュラルハーベストがいいと聞き生後6ヶ月目から食べさせ1ヶ月経過…気持ち涙の量、目やにが減ってきているような気がする

我が家のワンコには、あまり食いつきが良くないのですが、涙やけに良いと評判なので他のドックフードと混ぜてあげています。涙やけ解消に期待を込めてまとめ買いしました。

材料の内容も栄養バランスも保存がきくパッケージも大変満足のいく良いものと思っています。粒もチワワのお口にはあった小粒で、食べやすそうです。喜んで食べてくれます。

一年半前、炎症性大腸炎と言われ、最初の頃は獣医さんに言われるがまま動物病院で売っているフードを与えてました。
パッケージの裏に酸化防止剤が入っているのを見つけて、どうしても嫌で獣医さんに相談しました。
うちのフードでなくても良いけど、アレルギーに対応していて、なおかつ酸化防止剤の入っていないフードなんてあるのかな?という返事でした。
ナチュラルハーベストさんは二軒目です。
一軒目はオーダーメイドでフードを作ってくれるというのが売りだったけど、小麦にも米にもアレルギーがあるから省いて欲しいことと、タンパク質の量を3割にしてと頼んだら、断られました。
ネットで探してたら、ナチュラルハーベストさんのどのフードにしたら良いか分からなかったので、メールで問い合わせしたら、獣医さんからマイリトルダーリンが良いですよ!同じ病気の子も元気になってドックランを走り回ってます!というメールを頂いて本当にありがたかったのを覚えてます!病院に行くたびに100g200gと痩せていくのをどうしようもない気持ちで見ていたのが、今では嘘のようです!
本当にありがとうございます!これからもよろしくお願いします

前のフードよりもずっと美味しいみたいで食べ終わってもお皿を舐めます。
ウンチは程好い硬さになってシートを汚さなくなりました。
まだ2か月の子犬で、超小粒は安心して与える事が出来て良いです。

小粒でふやかしやすく、みんな食べやすいようなので購入しています。
真空パックになっているので買い置きも安心です。
なくなる前にまた購入します。

高齢で持病のある子もずっと食べ続けて体調キープできているのもこのフードが合っているからこそだと感謝しています。

我が家のポメラニアンは体重1.8キロでお腹が弱い子です。
脂肪の多いフードだと吐いたり下痢をしたりしてしまうのですが、このフードは脂っぽくなくて粒も小さいので食べやすそうです。

離乳食時代からずっとナチュラルハーベストシリーズです。ちょっと太り気味なのでダイエットフードと混ぜていた時期も有りましたが今は量をセーブしてマイリトルダーリンののみです。安心出来るのでずっとナチュラルハーベストシリーズです。完全密封されているので良いですね。

ナチュラルハーベストの口コミはほとんどが高評価で、低評価はほとんどありませんでした。低評価もあるものの「相性が悪かった」という声があるだけで、原材料について悪いと言っている声はありませんでした。

ナチュラルハーベストはリピートしているという人も多く、強力な酸化防止剤を利用せずに真空状態にすることで、劣化を防いでいるというのも高評価の一因のようです。

実際、原材料面から見てもナチュラルハーベストは優良なドッグフードですし、高い評価がされているのも納得できますね。

ナチュラルハーベストの評価

今回の記事では「ナチュラルハーベスト」の原材料・コスパ・口コミ・評判を紹介、評価させていただきました。

原材料やコスパなどから商品全体を評価するとナチュラルハーベストの総合評価は★★★★☆4/5です!

ナチュラルハーベストは原材料から見て、非常に魅力的なドッグフードであると言えます。

品質の高いグレインフリードッグフードはそれほど多くはありませんし、保存に対する工夫にも好感が持てます。

しかし、コスト面から見ると他のドッグフードに見劣りしてしまうというのが正直な感想です。

基本的にドッグフードは何年も購入し続けるものですし、価格というのもドッグフードを評価する上で重要な点だと思います。

価格的な面から見て、同じくグレインフリードッグフードである最高品質の「カナガンチキン」が1日あたり150円程度で買えることを考えると、どうしても最高評価を付けることができませんでした。

品質面では最高クラスのドッグフードと言えるのですが・・・

ただ、ナチュラルハーベストは価格的な難点がなければ心からオススメできるドックフードですし、コストを気にしないのであれば購入を検討するのもアリだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です