モグワンドッグフードの口コミ・評判や原材料を徹底評価!

「理想の食いつきを求めて開発」というキャッチフレーズの名のもとに開発されたドッグフード「モグワン

このモグワンドッグフードは当サイトで全ドッグフードの中でも最高の評価をしている「カナガンドッグフード」を販売する株式会社レティシアンが手掛けている製品です。

モグワンドッグフードもカナガンドッグフードと同様に高品質で低価格なドッグフードに仕上がっています。

今回の記事では、原材料や成分などから「モグワンドッグフード」を徹底的に評価していきたいと思います。

また、合わせてカナガンドッグフードとの違いも簡単に解説していきます。

モグワンドッグフードのデータ

参考価格 3,960円(公式販売サイト価格)
内容量 1.8kg
生産国 イギリス
肉類 ◎(チキン、サーモン)
穀類 ◎(不使用)
合成着色料 ◯(不使用)
酸化防止剤 ◎(ミックストコフェロール等)
総合評価 ★★★★★(25pt/25pt満点中)

モグワンドッグフードの原材料

まずは「モグワンドッグフード」の原材料の紹介・解説をしていきます。

公表されている原材料を下に列挙し、それぞれの原材料の危険度を3段階で評価していきます。

評価の見方ですが「黒文字は危険度低(安全)」「青文字は危険度中」「赤文字は危険度高」で表していきます。

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン、コンドロイチン、乳酸菌

※青文字と赤文字が存在しないのは編集ミスではなく、危険と思われる原材料が使われていないからです。

モグワンドッグフードの成分分析値

続いて成分分析値から「モグワンドッグフード」の評価をしていきたいと思います。

こちらも原材料表記と同様に、黒文字・青文字・赤文字をつかって成分分析値についての評価をしていきます。

粗たんぱく質…28.00%
粗脂肪…12.00%
粗灰分…8.00%
粗繊維…3.00%
水分…8.00%
※データはエネルキー(100gあたり)換算

成分分析値のどの項目を見ても問題は見当たらないドッグフードに仕上がっています。

タンパク質、脂質の量も十分であり理想的な成分値になっていると言えるでしょう。

モグワンドッグフードの特徴

ここからは、モグワンドッグフードの特徴を紹介していきます。モグワンドッグフードの特徴は以下のものですね。

【モグワンドッグフードの特徴】

  • 肉食のワンちゃんに最適なグレインフリー
  • 主原料は超高品質なチキンとサーモン
  • 原材料はすべてヒューマングレード
  • 人口添加物・香料は不使用
  • 購入は公式サイトからしかできない

では、ここからはそれぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

肉食のワンちゃんに最適なグレインフリー

モグワンドッグフードの最大の特徴の一つが「グレインフリードッグフード」であるということです。

グレインフリーとは穀類(グレイン)が不使用(フリー)なドッグフードのことです。

人間は雑食動物なので穀類の消化吸収を得意としていますが、ワンちゃんは肉食動物なので穀類の消化吸収は苦手としています。

穀類を摂取して消化不良を起こした場合には下痢になったりアレルギーなどの反応を起こしますし、穀類は無いにこしたこはないのです。

なので、グレインフリードッグフードはワンちゃんの消化器官にとって優しいドッグフードということですね。

ほとんどのドッグフードにはコスト削減のために穀類がある程度の量が配合されていますがモグワンはそういった製品とは異なるということですね。(穀類は原材料費が安いので穀類を大量に配合することで安いドッグフードを作ることができます)

主原料は超高品質なチキンとサーモン

上で説明した穀類不使用のグレインフリードッグフードであっても、穀類以外の成分でドッグフードがかさましされていれば意味はありませんよね?

モグワンドッグフードは主原料としてチキンとサーモンを50%以上も配合している、かさましの無いドッグフードになっています。

さらに配合しているチキンとサーモンの部位を細かく記載し、部位ごとにどれだけ配合されているかということまでも原材料に明記されています。

そしてモグワンドッグフードに配合されている主原料のチキンとサーモンは人間でも食べることができるヒューマングレードの部位が使用されています。

人が食べることができる栄養価・安全性が高いチキン・サーモンが大量に配合されているというのは、高く評価できるポイントと言えるでしょう。

原材料はすべてヒューマングレード

モグワンドッグフードに配合されているチキンとサーモンが人間が食べることができるヒューマングレード品質のものであるということを紹介しましたが、モグワンドッグフードに配合されている原材料はすべてヒューマングレードとなっています。

格安のドッグフードだと、原材料費を抑えるために本来は食べられない部分を加工して無理やり食べられるようにして配合することがよくあります。

例えば、ニワトリであれば骨や羽やトサカなどを粉砕加工して配合するといった感じですね。

モグワンドッグフードにはそのような本来食用でないものは配合されておらず、高品質で安全性の高い原材料のみが使用されています。

原材料のすべてがヒューマングレードのドッグフードというのは数えるほどしかありませんが、原材料面において最高品質のドッグフードであると言えます。

人口添加物・香料は不使用

ここまで特徴を紹介してきてモグワンドッグフードは原材料に非常に気を使っていることが分かりますね。

ということで、当然のことのように思うのですがモグワンドッグフードに人口添加物や香料が使用されていません。

製品の劣化・酸化を抑えるためには天然のミックストコフェロールを使用し、素材そのものの自然の香りを活かした作りをしています。

食いつきを良くするために、ワンちゃんの好きなチキン・サーモンの香りを活かして作られています。

購入は公式サイトからしかできない

モグワンドッグフードの特徴の1つが「購入可能なのは公式サイトからの通販限定である」ということです。

これには理由があって、モグワンドッグフード強力な合成添加物を使用してないので鮮度が落ちやすいのです。

ということで、室温などが管理されていない店頭に並べて売るのには適していないのですね。

また、店頭で販売することになると流通コストもよりかかってしまうので価格も割り増しで販売しなければならなくなってしまいます。

本当に良いドッグフードはほとんどの場合、公式サイトからの直接通販でしか手に入れることができません。

直接通販で購入することで、流通面でのコストを削減されて安価で製品を入手できるので、良いドッグフードが欲しいという人は直接通販を利用すると良いでしょう!

コスパが抜群に良い

ここまで読んでいただければモグワンドッグフードが超高品質のドッグフードであるということが分かると思います。

これほどまでに高品質なドッグフードなのですが、モグワンドッグフードの価格は量販店で販売されているドッグフードとほぼ変わらない値段になっています。

もちろん、原材料の大半が穀類といったような劣悪で格安なドッグフードと比較すると高いとは言えますが、量販店の比較的まともなドッグフードとはほとんど変わらない値段になっています。

モグワンドッグフードの価格についてですが、例えば小型犬であれば、1カ月で1袋の消費ということになるので1日あたりの食費は150円程度になります。

大型犬であればいざ知らず、小型犬であるならばドッグフードの消費量は少ないですし、しっかりと良いものをあげることをオススメします!

モグワンとカナガンは何が違う?

モグワンはカナガンのスタッフに作られたドッグフードで類似点が多いですが、当然ながら共通点もあります。

まず共通点ですが以下のようなものがあります。

【モグワンとカナガンの共通点】

  • グレインフリードッグフード
  • 全ての原材料がヒューマングレード
  • 人口添加物・香料不使用
  • 価格は同額

上の類似点を見てみるとグレインフリーでヒューマングレードという基本的なコンセプトは一致していることが分かります。

ではモグワンとカナガンのどこが違うのかというとそれは主原料に何を使っているのかということです。

モグワンの主原料は「チキン&サーモン」ですが、カナガンの主原料は「チキン」のみになっています。

チキンの方がサーモンと比較して高たんぱく・高脂質なので、カナガンの方がタンパク質を多く摂取できるようになっています。

タンパク質をたくさん摂取することは良いことなのですが、太ったワンちゃんに高タンパクのごはんを与え続けることは肥満の原因になります。

ということで、タンパク質の特に必要な子犬の時期や通常体形のワンちゃんにはカナガンが向いていて、太ったワンちゃんにはモグワンが向いているという感じですね。

カナガンもモグワンも共にコスパ・品質共に最高クラスの製品ですので、ワンちゃんの体形に合わせて使い分けるとなお良いペットライフが送れるでしょう!

モグワンドッグフードの評価

今回の記事ではドッグフード「モグワンドッグフード」の原材料・コスパ・口コミ・評判を紹介、評価させていただきました。

原材料やコスパなどから商品全体を評価するとモグワンの総合評価は★★★★★5/5です!

モグワンはコスパ・品質の面から見て欠点が見つからないドッグフードであると言えますね。

当サイトで「肉量・肉質」「アレルギー対策」「原材料の質」「安全性」「コスパ」の全項目が満点なのはカナガンとモグワンの2つだけです。

この2つの製品は価格が同じなので、現在のワンちゃんの状態を考慮してどちらかを選ぶと良いでしょう!

上で解説したように、成長期である1歳程度のワンちゃんや普通体形のワンちゃんにはカナガンを、肥満気味のワンちゃんにはモグワンを与えることをオススメします。

ワンちゃんは食べるものを選べないので、飼い主の方が安全で品質の高いものを与えるようにしてあげましょう!

公式販売サイトのリンクを下に用意しておきましたので、モグワンの購入を考えている方やもっと詳しい情報が知りたいという人は下のリンクをご利用ください!

▼モグワンドッグフード公式販売サイトはコチラ▼

  モグワンドッグフード公式販売サイトへ⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です