犬の目やにの原因と対策まとめ!

犬画像7

犬を飼っている方で、犬の目やにに悩みを持っている人は多いです。

目やにをキレイに拭いてあげても、気がついたらまた目やにができてしまって心配になるというケースは多いです。

今回な記事では、犬の目やにの原因や目やにができた場合の対策方法を紹介していきます。

犬の目やにの原因は様々!

まずは、犬の目やにの原因についてですが、原因には様々なものがあり「犬の目やにの原因はコレ!」と一言でいうことはできません

目やにの原因は一概に語ることはできませんが、色や状態かを見ることで、その目やに問題があるかどうかを判断することができます

ということで、目やにの色や状態から、目やにの原因を知る方法を紹介していきます。

目やにの色や状態で原因が分かる!

目やにの色や状態でその原因が分かるということを書きましたが「こんな場合は問題ない」という場合や「こんな場合は危険」という場合があります。

ということで、まずはこんな目やになら問題無いという場合を紹介します。

こんな目やになら問題なし!

まずは、目やにがでていても問題ないような状態を紹介します。それは以下のような状態ですね。

【こんな目やになら注意が必要!】

  • 目やにの色が黒色
  • 目やにの色が白色
  • 目やにの色が茶色
  • 目やにの色が灰色

基本的に、犬の目やにの色が「黒色・白色・茶色・灰色」の場合には、基本的には問題ありません

このような場合は、涙に含まれた老廃物(たんぱく質)、ホコリ、粘液などが固まっただけの正常な目やにである可能性が高いです。

後述しますが、上に紹介した色の目やにであっても目やにの状態がおかしい場合には、何か犬の体調に問題がある可能性もあります。

ということで、目やには色だけでなく、状態もしっかりと確認をするようにしましょう!

こんな目やになら注意が必要!

では続いて、問題のある目やにの状態を紹介していきます。それは以下のような状態ですね。

【こんな目やになら注意が必要!】

  • 目やにの色が黄色
  • 目やにの色が緑色
  • 目やにがかなり多い

目やにの色が黄色や緑色の場合には、注意が必要です。

このような場合には、細菌やウイルスに感染していて結膜炎や角膜炎や緑内障を引き起こしている可能性が高くなります

そういった症状を引き起こした場合、老廃物に膿が含まれるようになるので、膿の色(黄色や緑色)が反映されて目やにが黄色や緑色になります。

この状態を放置しておくと、最悪の場合、ワンちゃんは失明をしてしまうこともあります

特に緑内障は症状の進行が早いので、このような目やにの状態を確認したら、すぐにでも動物病院に行くことをオススメします。

また、目やにの色に問題がなかったとしても、目やにの量が多い場合には注意が必要です。

目やにが多い場合にも、細菌やウイルスに感染している可能性があります。

ワンちゃんによって目やにの分泌量は異なるので、「目やにが多い」というのはどの程度のことかというのは一概には言えません。

ですが大体の目安としては、目やにを取ってキレイにしてあげても、1時間程度でまた目やにができている場合には注意が必要といえますね。

目やにの対処方法は?

危険な色や状態の目やにが確認された場合には、早くに病院にいくことが、目やにの正しい対処方法です。

また、目やにに特に問題が見つからなかった場合には、匂いが出てくる前に目やにを取って上げて清潔にしてあげるようにしましょう!

目やにを放置しておくことは衛生的に良くありませんからね。

目やにを取るときに、ティッシュを使う人がいますが、これはあまりオススメできません。

その理由は、ティッシュを使うと細かい毛がワンちゃんの目に入ってしまう可能性が高いからです。

ティッシュが目に入ってしまうと、それは目やにの元になってしまうので、キレイにしているつもりが新しい目やにを作る土台作りになってしまいます。

ということで、ワンちゃんの目やにを取る場合には、ガーゼなどを使用して、目に細かい毛が残らないようにしてあげましょう!

目やに予防を実施しよう!

目やには、ワンちゃんを飼う環境を変化させることで予防をすることができます。

目やにがずっとある状態はワンちゃんにとって良い物ではありません。

ということで、あらかじめ目やにができにくいように予防をしてあげることをオススメします

目やにを予防するための方法は3つあります。

それは「清潔な生活環境を整える」「マメに目やにを取る」「目を傷つけない」の3つです。

清潔な生活環境を整える

目やにはホコリなどが目に入ることで作られます。

なので、部屋にホコリが多いような状態だと、犬は目やにができやすくなってしまいます

ということで、犬を飼う環境を清潔に保ち、なるべく目に異物が入ることを避けることで目やにを予防することができます。

マメに目やにを取る

目やには放置をしておくと細菌などが増殖してしまい、目やにがさらに多く分泌される温床になってしまいます

また、目やにを放置しているとイヤな匂いを放つようになるので、目やにを取らないのは飼い主にとっても良いことではありません。

ただし、目やにを取るときは、ガーゼなどで優しく取ることが重要です。

目を傷つけない

ワンちゃんは目が傷つけられると、修復をするために通常とは異なるような分泌液を出すようになります。

このような場合は目を守るために分泌されているのですが、分泌量が多い分だけ目やにを沢山作らせてしまいます。

目やにを取るときに目を傷つけないようにすることはもちろんですが、シャンプーなどの薬剤が目に入ることでも目が傷つくことがあります

ということで、目の周りをキレイにするときや、犬のシャンプーをするときには、犬の目を傷つけないように注意して行うようにしましょう!

【まとめ】犬の目やにの原因と対策まとめ!

犬の目やにが気になりだしたとしても、多くの場合には特に問題はありません。

ですが、上に紹介した「目やにが黄色」「目やにが緑色」「目やにの量が多い」ような場合には注意が必要です。

このような症状が見られた場合には、なるべく早めに動物病院で専門家に診てもらうことをオススメします!

目の病気の中には病気の進行が非常に早いものもあるので、何か変だなと思っても放置をしていると取り返しのつかないことになる場合もあります。

ワンちゃんは言葉を話すことができないので、飼い主は目やになどの状態などをしっかりと把握してワンちゃんの健康を守るようにしなければなりません。

たかが目やにであっても、おかしいなと思ったら、ワンちゃんのことを考えるのであれば、なるべく早くに先生に診てもらうようにしましょう!

以上「犬の目やにの原因と対策まとめ!」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です