ドッグフードを混ぜるのは良いことなの?

犬画像1

ワンちゃんにはなるべく健康的な食事を与えたいというのは、全ての愛犬家の思いですよね。

ドッグフードはたくさんの種類がありますし、種類の数だけ摂れる栄養素が異なります。

そこで、ワンちゃんに様々な栄養を与えるために「複数のドッグフードを混ぜた方が良いのでは?」と考える方も多いです。

今回の記事では、ドッグフードを混ぜるメリットとデメリットを紹介し、ドッグフードを混ぜるのは良いことなのかという疑問に答えていきます。

ドッグフードを混ぜるメリット

ドッグフードを混ぜるメリットとしては「より多くの種類の栄養を摂取することができる」というものがあります。

例えば、AとBという2種類のドッグフードがあるとします。

AとBはそれぞれ別のドッグフードなので、配合されている栄養素はそれぞれ異なっています。

なので、この2つのドッグフードを混ぜることで、Aには無い栄養素をBで摂取することができるようになります。

つまり、ドッグフードを混ぜることでワンちゃんによりたくさんの種類の栄養素を与えることができるということですね。

ドッグフードを混ぜるデメリット

ドッグフードを混ぜるデメリットとしては「ドッグフードが本来持つ効果が低下する」というデメリットがあります。

例えば、AとBという2種類のドッグフードがあるとして、Aには整腸効果がある成分が配合されているとします。

Bに整腸効果のある成分が含まれていない場合にAとBを混ぜると、ワンちゃんに供給される整腸効果成分は半分になってしまいます。

つまり、ドッグフードに含まれる栄養素が中途半端にしか供給されず、本来の効果を得ることができないという可能性があるということですね。

また、元々ドッグフードは混ぜて使うようには作られていません。

ドッグフードの開発はワンちゃんに生涯その製品だけを与え続けても大丈夫ように原材料・成分構成が考えられています。

なので、ドッグフードを混ぜることによって、ワンちゃんに供給される大切な栄養素が不足する可能性もあると言えるでしょう!

結論・ドッグフードは混ぜるべき?

ドッグフードを混ぜるメリットとデメリットを紹介してきましたが、どちらがワンちゃんにとっては良いのでしょうか?

結論としては「ドッグフードは混ぜない方が良い」と言えます。

その理由は、ドッグフード混ぜることによって得られるメリットもありますが、デメリットの方が大きいからです。

そもそも、本当に良いドッグフードであればその製品だけでワンちゃんに必要な栄養素を十分に供給することができます

格安なドッグフードであれば混ぜるのもアリかもしれませんが、良いドッグフードを混ぜるメリットはほとんど無いと言えますね。

【まとめ】ドッグフードを混ぜるのは良いことなの?

ドッグフードを混ぜることによって得られるメリットはゼロではないので、完全に否定するつもりはありません。

ですが、やはりどちらかと言えばドッグフードは混ぜないほうが良いと思います。

また、格安のドッグフードを複数種類購入して混ぜるくらいなら、良いドッグフードを1種類だけ購入する方が良いと思います。

ドッグフードは激しい価格競争によって、最高級の商品でもかなり安く購入できるようになっています。

このブログでは様々なドッグフードを原材料から徹底評価しているので、良いドッグフードを探しているという方は、他の記事も読んでいただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です