国産ドッグフードなら安心できるは大間違いってホント?

犬画像6

車や家電など日本製の製品は品質が高く安心感がありますよね。

海外でも「日本産」というのはブランド化していて、それだけで価値があるように扱われています。

もちろん、ドッグフードにも国産(日本産)のものと海外産のものがあります。

国産と聞くとやはり安心感があるので、ドッグフードを選ぶときには国産のものを選ぶという人も多いです。

しかし、本当に国産のドッグフードならば安心して購入することができるのでしょうか?

今回の記事では国産ドッグフードの特徴について紹介し、国産ドッグフードが安心できるブランドなのかを解説していきます。

国産ドッグフードの特徴について

「国産ドッグフードの特徴」として最も大きなポイントは最低限の品質が保証されているということですね。

日本は衛生観念が発達している国なので、ドッグフードの製造ラインの環境が劣悪ということはありません。

ドッグフードを製造するための法律も整っていますし、毒性が強すぎる成分は使用することができません。

また、食品偽装の可能性が低いのも国産ドッグフードの特徴と言えますね(もちろん可能性はゼロではありませんが)

ということで、国産のドッグフードにはものすごく品質の低いドッグフードというのはほとんどありません

国産のドッグフードなら安心できるか?

国産のドッグフードにはものすごく品質の低いドッグフードはほとんど無いと書きました。

しかし、本題の「国産のドッグフードであれば安心できるか?」という問いへの答えは「No」です

どういうことかというと、国産には「ものすごく」品質の低いドッグフードは無いのですが、品質の低いドッグフードはたくさんあるのです。

もっとハッキリと言ってしまえば、実は国産のドッグフードのほとんどが品質の低いドッグフードです。

国産のドッグフードは品質が低い?

国産のドッグフード全部が品質が低いというわけではありません。

ですが、国産のドッグフードは欧米などの先進国のドッグフードと比較して品質が低いです。

実は、日本は先進国の中ではペットフードの品質に関して劣っているんですね。

その理由は、日本のドッグフード業界が低価格のドッグフードの開発を重点的に行い、ユーザーもさらに安いドッグフードを望んでいたからです。

結果として、日本では最低限の品質を保った格安のドッグフードがたくさん販売されるようになりました。

格安のドッグフードは、当然ながら原材料に多くのコストを割くことができないので品質は悪くなります。

逆に、ペット先進国として有名なイギリスは、価格よりも品質に重点を置く製品の開発を重点的に行っています。

国産のドッグフードは具体的に何が悪い?

ドッグフードの品質が低いと一言でいうのは簡単ですが、具体的にどういった点で品質が低いのでしょうか?

ドッグフードの品質が低いと言われる代表的な原因は以下のようなものです。

【国産のドッグフードが悪い具体的な理由】

  • 主原料が肉類ではなく穀類
  • 使用される肉類の品質が低い
  • アレルギー対策がされていない
  • 強力な合成添加物の使用

ここからは品質が低い原因を簡単に解説していきます。

国産のドッグフードはどうして品質が低いか?

ワンちゃんは肉食なので、ドッグフードにはたくさんの肉類(動物性たんぱく質)が配合されているのが理想的と言えます。

しかし、国産の格安ドッグフードの主原料はトウモロコシや小麦などの穀類(植物性たんぱく質)です。

格安のドッグフードの主原料がトウモロコシや小麦なのはコストを低下させることが目的です。

ワンちゃんは穀類を消化・吸収する能力が低いので、穀類が主原料のドッグフードはワンちゃんの消化器官に負担をかけてしまいます。

続いて肉類の品質についてですが、コストを抑えるために穀類を使っているのに、肉類の品質にこだわっているわけがありませんよね。

また、トウモロコシや小麦はワンちゃんがアレルギーを起こしやすい原材料であるのも問題です。

さらにコストを抑えるために、格安のドッグフードには強力な合成添加物が使用されているものもあります

ドッグフードに使用されている強力な合成添加物の中には毒性が確認されているものもあります。

簡単な説明ではありますが、このような点から見て国産の格安ドッグフードは品質が低いと言えます。

オススメは海外産ドッグフード!

国産の中でも品質の高いドッグフードはありますが、オススメするのはやはり海外産のドッグフードです。

その理由は上でも書いたように、海外の方が品質重視ドッグフード作りの環境が整っているからです。

また、高品質の海外産ドッグフードは価格競争によって、かなり安い価格で購入できるようになっています

わたしは今まで多くのドッグフードを原材料・価格から評価してきましたが、その中でも最もオススメなのはカナガンドッグフードです。

カナガンドッグフードはイギリス産のドッグフードで、日本でも輸入販売されているのでネット通販で簡単に購入することができます。

もし、安全で高品質のドッグフードを探しているのであれば、カナガンドッグフードを評価している記事を読んでもらえれば参考になるのではないかと思います。

関連記事:カナガンドッグフードの評判を徹底評価!

【まとめ】国産ドッグフードなら安心できるは大間違いってホント?

全ての国産ドッグフードが低品質というわけではありませんが、現状は欧米産のドッグフードの方が全体的に品質的に優れています

特にイギリスのドッグフードは品質・価格共に最高の製品を製造・販売しており、世界中の愛犬家に利用されいてます。

ですが、最近は日本でも品質の高いドッグフードの開発が盛んになってきています。

高品質のドッグフードを求める愛犬家が日本にも増えてきているので、それを受けて国内のドッグフード業者が動いているんですね。

もしかしたら、数年後には「ドッグフードは国産!」という日がくるのかもしれませんね。

以上「国産ドッグフードなら安心できるは大間違いってホント?」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です