ドッグフードを切り替え方と注意点!

餌を貰う犬画像

何年もワンちゃんと一緒に生活をしていると「ドッグフードを変えよう!」と考えることもあると思います。

最近はドッグフードの品質に気を使う愛犬家も増えており、格安のドッグフードの売れ行きが減少しつつあります。

このサイトを見ている方の中にも、もっと良いドッグフードに切り替えようと考えている人もいるのではないでしょうか?

ドッグフードをより良いものに切り替えることはワンちゃんにとってプラスになることです。

しかし、ドッグフードを切り替え方を間違えるとワンちゃんの健康を害してしまうこともあるので注意が必要です。

今回の記事では、ドッグフードを切り替える際の注意点と正しい切り替え方について紹介をしていきます。

ドッグフードを切り替える際の注意点!

ドッグフードを切り替える際に注意すべきことは「急に新しいドッグフードに切り替えない」ということです。

ワンちゃんの腸内環境は私達が思っている以上にデリケートにできています。

今まで食べてきたドッグフードから急に新しいドッグフードに切り替えると、消化不良を起こして下痢や嘔吐のような症状がでることもあります。

また、消化の面だけでなく新しいドッグフードに違和感を感じて食事をしなくなるということもあります。

さらに、食事環境の急激な変化はワンちゃんに大きなストレスを与えてしまい体調不良を引き起こしてしまう場合もあります。

このような点から、急に新しいドッグフードに切り替えないことは重要な注意点であると言えます。

ドッグフードの切り替え方について

では、ワンちゃんの健康にプラスになるドッグフードの切り替え方はどのような方法なのでしょうか?

その答えは「徐々にゆっくりとドッグフードを切り替えていく」という方法です。

最初から全部切り替えるのではなく、今までのドッグフードと新しいドッグフードを混ぜながら徐々に切り替えていくのが理想的な方法です。

このような方法で徐々にドッグフードを切り替えていけば、ワンちゃんへの負担は小さくなります。

また、ドッグフードを切り替えている最中にはワンちゃんのうんちの様子や体調なども注意して観察しておきたいところです。

ドッグフードの具体的な切り替え方を紹介!

ドッグフードは徐々に切り替えるべきなのはわかったけど、具体的にはどれくらいのスピードで切り替えればいいのか分からないという人も多いと思います。

ということで、ドッグフードの切り替え方を具体的に紹介していきます。

まずはドッグフードを切り替えるスピードについてですが、最低でも5日以上はかけたいところです。

ドッグフード切り替え方法

つまり、毎日新しいドッグフードを2割ずつ増やしていき、5日間かけて新しいドッグフードに完全に切り替えるということですね。

もっとゆっくりと時間をかけるのであれば、10日間かけて1割ずつ切り替えていっても良いでしょう。

また、ドッグフードを切り替えるときはワンちゃんの体調をしっかり確認して様子を見ながら切り替えていきましょう

もし体調が優れないようであれば、切り替えるスピードをゆるめたりするなど対策をしてあげましょう。

【まとめ】ドッグフードを切り替え方と注意点!

ワンちゃんのために良いドッグフードに切り替えるのであれば、いち早くドッグフードを切り替えたいという気持ちは分かります。

ですが、いくら良いドッグフードであっても切り替え方を間違えてしまえば、ワンちゃんにとってはマイナスになってしまいます。

なので、ドッグフードを切り替える際には慎重になって、ゆっくりと時間をかけて切り替えることを心がけましょう!

ワンちゃんの様子を普段からチェックしておくことで、何か異変があった時に早く気がつくことができるようになります。

ということで、普段からワンちゃんの状態を把握しておき、体調の変化にすぐに気がついてあげられるようにしておくと良いでしょう!

以上「ドッグフードを切り替え方と注意点!」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です