犬の下痢の3つの原因とは?対処方法はどうすればいいの?

犬画像22

ワンちゃんが急に下痢になってしまったら、愛犬家であれば誰しもが不安になると思います。

ワンちゃんの下痢はよく見られる体調不良の1種ですが、下痢を起こす原因は1つではありません。

単純な下痢と思って放置していたら、内臓の病気が原因で取り返しのつかない状態になってしまったというケースもあります。

今回の記事では、犬が下痢の症状を示す原因とその対処方法について詳しく解説していきます!

犬の下痢の原因ってなに?

まずは犬が下痢の症状を起こしてしまう原因から紹介していきます。

犬が下痢になる原因はたくさんありますが、その原因を大きく分類すると3つに分けられます。

ではその原因とはどんなものなのかを下に紹介します。

【犬が下痢になる原因】

  • 疲労・ストレス
  • 病気・寄生虫
  • 食事

ワンちゃんの下痢を引き起こす原因は犬特有のものではなく、人間と同じようなものです。

では、ここからは、この3つの原因についてそれぞれ詳しく解説をしていきます。

疲労・ストレス

犬は疲労やストレスによって下痢の症状を引き起こすことがあります。

人間が疲労やストレスで体調を崩すことがあるのと同様に、ワンちゃんも過度な疲労やストレスがあると体調を崩してしまうのです。

疲労がたまると、体全体の機能が低下して胃や腸などの消化器官の働きが弱ってしまいます。

また、ストレスがたまりすぎるとホルモンバランスが乱れてしまい、消化器官が上手く働かなくなってしまいます。

よくあるケースは普段とは違う環境に置かれることによって、過度なストレスがかかってしまうことですね。

通い慣れない動物病院に行った時なんかは特に大きなストレスがかかるので、通院後に下痢になるというようなケースが多いです。

病気・寄生虫

病気や感染症、寄生虫が原因で下痢の症状を示すこともあります。

病気で下痢になっている場合には、消化器官に問題がある場合が多いですね。

外で飼っている犬の場合には、色々なものを体内に取り込んでしまうので寄生虫に感染するケースも多いです。

症状がヒドイものになると、下痢だけでなく嘔吐の症状も同時に示すことがあります。

病気や寄生虫が原因の場合には、命に関わる可能性もあるので特に注意が必要です。

食事

食事が原因で下痢を起こすというのもよくあるケースですね。

特に多いのが、穀類メインのドッグフードで消化不良を起こし、下痢になってしまうというケースです。

ワンちゃんは肉食動物なので、穀類を消化することが苦手です。

しかしながら、ドラッグストアや量販店で販売されているドッグフードの大半が、大量の穀類が配合されたドッグフードになっています。

穀類の消化不良による下痢は、ワンちゃんの栄養状態にも悪影響を与えるので、食事を改善する必要があります。

ドッグフードを選ぶ際には、肉類がしっかりと配合されている安全なドッグフードを選ぶことをおすすめします。

症状から危険度を読み取る

ここまでは、下痢の原因を紹介してきました。

上に紹介した原因の中で、特に危険なのは病気や寄生虫の場合です。

逆に、疲労が原因であれば休んでいれば疲労は回復しますし、疲労が回復すれば下痢も改善されるので、しばらく様子見でも良いでしょう。

では、どのように下痢の原因や危険度を見分ければ良いのでしょうか?

方法としては「下痢以外の状態を見ること」で、症状の原因や危険度を知ることができます。

特に注意したいのが、下に列挙したような症状を同時に起こしている場合です。

【こんな症状は注意が必要!】

  • 嘔吐がある
  • 血便がある
  • 激しい体重の減少
  • 便の回数が多い
  • 元気が無くぐったりしている

下痢と同時にこのような症状を起こしている場合は、危険度が高い下痢の症状であると言えます。

また、上のような症状が無かったとしても、下痢がなかなか改善されず長期に渡って症状が続いている場合にも注意が必要です。

犬の下痢の対処方法について

下痢は病気や寄生虫が原因で起こることもありますが、基本的には大病になるケースは少ないです。

ということで、あまりにも症状がヒドくなければまずは様子見でよいでしょう

勘違いをしてはいけないのは「様子見」というのは単純に放置をすることではありません。

下痢の様子見をする際には「水分補給」「便の状態の確認」「便以外の状態の確認」をするべきです。

特に、下痢の時にはいつもより身体から水分が出て行ってしまうので水分補給はとても重要です。

また、便の状態や体調の変化などは、後々病院に行く際に重要な情報になるのでしっかりとチェックしておきましょう。

下痢が3日以上続くようであれば、動物病院に行くことを検討すると良いでしょう。

そのほかにも、ドッグフードがあまり良い物ではない場合には買い替えを検討することをおすすめします!

まとめ

個体差はありますが、ワンちゃんは人間と比較して消化器官が弱いです。

また、子犬のころは消化器官の能力が完成していないこともあり、下痢の症状を起こすことが多いです。

ワンちゃんが下痢になったら心配だとは思いますが、しっかりと知識を付けておけば正しい対処をすることが可能です。

また、しっかりとしたドッグフードを与えることで、下痢を起こす可能性を軽減することができますし、下痢以外の病気の可能性も減らすことができます。

ドッグフードに適用される法律は人間の食べ物と法律が違うので、ドッグフードの中にはかなり危険で人間の食べ物に使ってはいけないような原材料が使用されているケースも多いです。

ワンちゃんの下痢に悩まされたのであれば、これを期に安全なドッグフードへの買い替えをすると良いのではないかと思います!

以上「犬の下痢の3つの原因とは?対処方法はどうすればいいの?」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です