ドッグフードをふやかすのはアリ?温度や方法も解説!

犬画像18

ワンちゃんにドライタイプのドッグフードを与える際に「ドッグフードをふやかす」という行為を行う飼い主もいます。

ドッグフードはふやかすことでやわらかくなりますし、それを好むワンちゃんもいます。

ですが、ドッグフードに水分を加えてふやかすことは本当に良いことなのでしょうか?

今回の記事では、ドッグフードをふやかすことが本当に良いことなのか、またそのメリットと注意点について合わせて解説をしていきます。

ドッグフードはふやかしても良い?

「ドッグフードは水分を加えてふやかしても問題ないの?」という疑問についてですが、結論から言えば、ドッグフードはふやかしても問題ありません

そもそも、ドッグフードに水分を加えるだけなので、特に悪いことはありません。

ですが、ドッグフードをふやかす際にはいくつか注意点があります。

その注意点を知って対策をすることで、ドッグフードをふやかすメリットを十分に活かすことができます。

では、ドッグフードをふやかすメリットとは一体どのようなものなのでしょうか。

関連記事:ドッグフードを選ぶ基準って何?最低でも確認するべき5つの要素!

ドッグフードをふやかすメリット

まずは最初に、ドッグフードに水分を加えることによって得られるメリットを紹介します。

ドッグフードに水分を加えてふやかすメリットは以下のようなものですね。

【ドッグフードに水分を加えてふやかすメリット】

  • 固いものが食べにくい老犬でも食べやすい
  • 食事で水分を摂ることができる
  • 食欲が無い時でも食べてくれることもある

以上の3つがドッグフードをふやかすことで得られるメリットです。

ワンちゃんは歳を取ってくると噛む力が弱くなったり、歯が弱くなったりします。

なので、固いドライフードに水分を加えてやわらかくしてあげるのは、ワンちゃんにとっても嬉しいことです。

また、水分をあまり取らないワンちゃんであっても、ドッグフードに水を加えることで水分を摂取してくれるというメリットもあります。

他にも、食欲不振で固いドッグフードは食べてくれなくても、ふやかして柔らかくしたドッグフードであれば食べてくれることがあります。

このように、ドッグフードに水分を加えてふやかすことで、様々なメリットを得ることができます

ドッグフードをふやかす際に注意すべきポイントは?

ドッグフードをふやかすことは基本的にメリットがあることですが、注意する必要があることもあります。

ドライフードに水分を加える際に注意するべきポイントは以下の3つです。

【ドライフードに水分を加える際に注意するべきポイント】

  • 噛む力がよわくなってしまう
  • ふやかすお湯の温度に注意をする
  • ふやかしたら早めに食べさせよう

以上の3つがドッグフードをふやかす上で知っておくべき注意点です。

まず、幼いころからやわらかいドッグフードばかり食べていると、噛む力はあまり成長しません。

ということで、ワンちゃんの年齢が若いときは、噛む力を維持するためにも、ふやかさないでドッグフードを上げたほうが良いケースもあります。

また、ドッグフードをふやかす際には、水分の温度にも注意が必要です。

例えば、沸騰しているような高温のおゆでふやかしたのでは、ドッグフードに含まれるビタミンなどを壊してしまう可能性があります。

聞いたことがある人も多いとおもいますが、ビタミンの中には熱に弱いものもいくつかあります。

そもそもドッグフードの製造業者は、ドッグフードをふやかしてワンちゃんに与えることを想定していません。

なので、ドッグフードの品質を維持するためにも、ふやかす際に使用する水の温度は40℃程度にすることをおすすめします。

また、水分を多く含んだドッグフードは腐りやすいので、ふやかしたらさすぐにワンちゃんに与えるようにしましょう。

ふやかしたドッグフードを残してしまった際は、次回に与えるように残すのではなく捨ててしまった方が良いでしょう!

関連記事:オーガニックドッグフードってナニ?本当に安全性は高い?

半生やウエットフードにするのはどうなの?

ドライフードに水分を加えるという一手間をするのであれば、最初から水分含有量が多くてやわらかい半生ドッグフードやウエットフードを与えれば良いのではないかと思う人もいると思います。

この疑問についてですが結論から言えば、半生ドッグフードやウエットフードの購入はあまりおすすめをしません

その理由は、半生ドッグフードやウエットフードが最初から大量の水分を含んでいるからです。

半生ドッグフードやウエットフードで水分含有量が多いドッグフードは腐りやすいです。

そのままでは保存がきかないので、半生ドッグフードやウエットフードにはドライフード以上に強力な合成防腐剤や合成保存料が添加されているケースが多いです。

強力な効果を持つ合成保存料は、少量の添加でドッグフードの腐敗スピードを抑えますが、当然ながらワンちゃんにとっては良いものではありません。

最初からやわらかいことが魅力である半生ドッグフードやウエットフードを選ぶよりも、一手間かけてドライフードをふやかす方が安全と言えます。

なので、半生ドッグフードやウエットフードはあまりおすすめはしません。

関連記事:ドライフードとウェットフードの特徴とメリットデメリット

まとめ

ドライフードに水分を加えてふやかすことで得られるメリットは多く、毎回水分を加えてドライフードを利用をしている方も多いです。

なかには、熱湯でドッグフードをふやかす人もいますが、お湯の温度が高過ぎると栄養素がこわれてしまいます

なので、ドッグフードをふやかす際にはほどほどの暖かさのお湯を利用し、腐らないように早めにたべさせるようにしましょう。

半生ドッグフードやウエットフードは強力な合成添加物が配合されているので、あまりおすすめできません。

ワンちゃんの食欲が落ちてきたり、噛むのが大変そうだったら、ドライフードに水分を加えるという一手間を試してみると良いのではないかと思います!

以上「ドッグフードをふやかすのはアリ?温度や方法も解説!」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です