ドッグフードを選ぶ基準って何?最低でも確認するべき5つの要素!

犬画像15

愛犬家であれば、全ての方がワンちゃんに安全で良いドッグフードを与えたいと考えているでしょう。

しかし、いざ良いドッグフードを選ぼうと思っても「どんな基準で選べばいいのか分からない」という人は多いと思います。

ネット上のランキングを参考にするのも良いですが、ドッグフードを選ぶ基準を知っていれば、ランキング等の情報と合わせて自分の目でも確認して選ぶことができるようになります。

今回の記事では、自分の目でもドッグフードの優劣を判断できるように、ドッグフードを選ぶときに基準とする5つのポイントを解説していきます。

ドッグフードを選ぶ上で確認する5つのポイントとは?

最初にドッグフードを選ぶ基準となる5つのポイントを紹介します。

それは、以下のようなものです。

【ドッグフードを選ぶ基準となる5つのポイント】

  • 肉類の配合量と品質
  • アレルギー対策の有無
  • 原材料の質
  • 安全性
  • コスパ

この5つのポイントをしっかりと確認してドッグフードを選べば、ドッグフード選びで失敗することはほぼありません。

では、この5つのポイントの確認方法とどうしてこのポイントを見るべきなのかということをそれぞれ紹介していきます。

肉類の配合量と品質

人間は雑食動物ですが、ワンちゃんは人間と異なり完全な肉食動物です。

なので、ドッグフードに配合されている肉類の配合量と品質はとても重要なことです。

ドッグフードを選ぶのであれば、まずはこの「肉類の配合量と品質」を最重要視することをおすすめします。

肉類の配合量について

ワンちゃんは肉食動物なので、食事には大量の肉類が配合されていることが望ましいです。

肉類の配合量の確認方法は簡単で、原材料表記の何番目に肉類の表記があるのかを確認するだけでOKです。

その理由は、ドッグフードの原材料表記は「配合量が多い順に記載される」というルールがあるからです。

ということで、肉類の配合量という基準から見れば、原材料表記の先頭に肉類系原材料の表記がされているドッグフードを選ぶべきです。

格安のドッグフードは原材料表記の先頭が「トウモロコシ」や「小麦」となっていることが多いですが、こういったドッグフードはハッキリ言って選ぶべきではありません。

関連記事:穀類メインのドッグフードがダメな4つの理由

肉類の品質について

肉類系の原材料をしっかりと配合していても、配合されている肉類の質が低ければ意味はありません。

なので、肉類系原材料については、配合量だけでなくその品質も見る必要があります。

「肉類の品質って何?」と思う人もいるかもしれませんが、実はドッグフードには品質が劣悪な肉類系の原材料が使用されていることが多いです。

例えばドッグフードの中には、人間が食べられない動物の部位(ホネや血液や内臓など)を加工して無理矢理食用にした原材料が利用されていることがあります。

こういった原材料は栄養価が低く、ワンちゃんの消化器官を与えるため、品質的に言えば最低ランクの原材料と言えます。

見分ける方法は簡単で「◯◯ミール(◯◯には動物の名前が入ります)」という記載があれば、低品質の原材料の可能性があります。

もちろん、◯◯ミールという原材料でも、しっかりとした肉類を加工した原材料である可能性もあります。

基本的に、◯◯ミール系の作成にまともな肉類を使用している場合には、ドッグフードの製造会社の公式サイトにその旨の記載がされています。

◯◯ミール系の原材料の原料となったものの品質について語られていない場合は、クロと思って良いでしょう(良いことなら公式サイトでしっかりと記載するハズですからね)

ということで、「◯◯ミール」という記載が原材料にあれば、公式サイトで品質の確認をすることをおすすめします。

関連記事:【ドッグフードの原材料】チキンミールは本当に危険?

アレルギー対策の有無

人間と同様にワンちゃんもアレルギーを発症することがあります。

もし、ドッグフードにアレルギー物質が含まれていた場合には、ワンちゃんは毎日アレルギーに苦しむことになってしまします。

なので、ワンちゃんがアレルギーを発症しないためにも、アレルギー対策がしっかりとされたドッグフードを選ぶべきです。

ワンちゃんがアレルギーを発症しやすい原材料は研究によって判明しています。

なので、アレルギー対策の有無はドッグフードの原材料表記を見て、アレルギーになりやすい原材料が配合されていないかを確認するだけで判断することができます。

ワンちゃんがアレルギーを持ちやすい原材料の代表的な例が「トウモロコシ」や「小麦」です。

こういった原材料が配合されていないドッグフードを選ぶことで、ワンちゃんがアレルギーを発症する確率を劇的に低下させることができます。

関連記事:犬のアレルギーの原因と対策方法を知ろう!

原材料の質

肉類の品質は最重要項目ですが、肉類以外の品質もしっかりと確認をしておきたいところです。

ドッグフードは製造コストを抑えるために、人間が食べられない食品を利用することが多いです。

こちらの確認方法も肉類の確認方法と同様に「◯◯ミール」の配合の有無で判断することが可能です。

公式サイトを確認することで、使用している原材料の品質を確認すると良いでしょう。

ちなみに、ドッグフードにおける最高品質の原材料は「ヒューマングレード(人間も食べられる原材料)」です。

使用されている原材料が全てヒューマングレードであれば、原材料面から見て、最高の製品であると判断できます。

関連記事:ドッグフードは人間が食べると危険?成分的に考えてみる

安全性

安全性と一口にいっても見るべき点はたくさんありますが、ドッグフードの安全性という面では、特に「合成添加物の有無」を見るべきです。

ドッグフードは長期間劣悪な環境に放置しておいても腐らないように、超強力な合成添加物が配合されていることがあります。

食品の腐敗は微生物の繁殖などによって引き起こされるのですが、強力な合成添加物は毒性によって微生物を殺して腐敗を抑えます。

ドッグフードに使用されている合成添加物の中には、マウス実験によって致死に至った成分が使用されている例もあります

もちろん、そういった強力な合成添加物は少量しか配合されていないので、食べてすぐに影響のあるものではありません。

しかし、少量ではあっても、毎日継続してドッグフードを食べることで、そういった成分は確実にワンちゃんの身体に蓄積していきます。

身体が小さければ小さいほど影響は大きくなるので、特に身体の小さいワンちゃんには注意が必要です。

ある程度合成添加物の知識をつけて原材料表記を見ることで、危険な合成添加物を避けることができます。

また、合成添加物不使用のドッグフードを選ぶというのも、おすすめのドッグフードの選び方の1つです。

コスパ

いくら品質が良くても、価格が高すぎては利用を続けることはできません。

ということで、コスパもドッグフードを選ぶ上では大切なポイントです。

ちなみに、量販店に置いてあるドッグフードと通販で購入できるドッグフードでは、通販ドッグフードの方がコスパが圧倒的に良いです。

その理由は、量販店に置いてあるドッグフードは店頭に並ぶまでのコスト大きくかかってしますからです。

ということで、安全でコスパの良いドッグフードを選ぶ際には、通販のドッグフードを中心に探すことをおすすめします。

関連記事:ドッグフードを通販で購入するべき4つの理由

まとめ

上に紹介した5つのポイントをチェックすれば、ドッグフード選びで失敗することはほぼありません。

このサイトでは、ここで紹介した5つのポイントを重視してドッグフードを徹底的に分析しています。

良いドッグフードを知りたいという人は、参考にしていただければ嬉しく思います。

以上「ドッグフードを選ぶ基準って何?最低でも確認するべき5つの要素!」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です