ドライフードとウェットフードの特徴とメリットデメリット

ドッグフードは大きく分けると「ドライフード」と「ウェットフード」の2つの種類に分けられます。

この2つのドッグフードにはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットが存在しています。

ドッグフードはワンちゃんが一生食べ続けるものなので、飼い主はドッグフードの事を十分に知っておくべきだと思います。

ということで、この記事では「ドライフード」と「ウェットフード」のメリット・デメリットを紹介し、どちらのドッグフードを選ぶべきかということを紹介します。

ドライフードの特徴

ドライフードタイプのドッグフードの特徴は、ドッグフードの中に含まれる水分が少ないことです。

量販店などで大きな袋で売られているようなドッグフードはだいたいドライフードですね。

世の中にはたくさんの種類のドッグフードが販売されていますが、販売されているドッグフードのほとんどがドライフードです。

ドライフードのメリット

ドライフードの最も大きなメリットは、乾燥しているため長期間保存することができるということですね!

また、比較的値段が安いというのも大きなメリットですね。

他にも、ドライフードは硬いのでワンちゃんのアゴが鍛えられ、歯石の除去効果にも期待できます。

【ドライフードのメリット】

  • 長期間保存が可能
  • 値段が安い
  • アゴを鍛える効果がある
  • 歯石の除去効果がある

ドライフードのデメリット

ドライフードのデメリットは、水分がほとんど含まれていないので、別途ワンちゃんに水をあげないといけないことですね。

また、上で「ドライフードは硬い」ということを書きましたが、この特徴はデメリットにもなります。

歳をとったワンちゃんはアゴの力が低下してしまうので、ドライフードは歳をとったワンちゃんには向かない場合があるというデメリットになってしまうという面もあります。

【ドライフードのデメリット】

  • 水を十分に与える必要がある
  • 硬いので老犬には向かない可能性がある

ウェットフードの特徴

ウェットフードタイプのドッグフードの特徴は、ドッグフードの中に含まれる水分が多いことです。

大体の数値ではありますが、ウェットフードの場合は水分を約80%程度含んでいます。

ウェットフードのメリット

ウェットフードのメリットですが「嗜好性が高い」「柔らかいので噛む力が落ちていても食べやすい」「食欲が落ちているワンちゃんに向いている」などのメリットがあります。

このようなメリットからも分かるように、ウェットフードは若いワンちゃんよりも歳をとったワンちゃんに向いています。

また、若いワンちゃんであっても病気で弱っている時などにはウェットフードが向いていると言えるでしょう。

【ウエットフードのメリット】

  • 嗜好性が高い
  • 噛む力が落ちていても食べやすい

ウェットフードのデメリット

ウェットフードのデメリットですが「値段が高い」「保存料・添加物の量が多い」というものがあります。

ウェットフードは缶詰などに一つ一つ小分けされて販売されており素材そのものを活かして作られていて、ドライフードと比較して値段が高いです。

ワンちゃんに毎日ドライフードを与える場合には、ワンちゃんの食費がバカにならない金額になってしまいます。

また、ウェットフードは水分を多く含んでいるので腐りやすいです。

その腐りやすさを補うために、ドライフードと比較して保存料などの添加物が多く使われている傾向があります。

【ウエットフードのデメリット】

  • 値段が高い
  • 保存料・添加物の量が多い

ドライフードとウェットフード比較

では、この記事で紹介したドライフードとウエットフードのメリット・デメリット情報をまとめておきますね!

ドライフード ウェットフード
保存可能期間 長い 短い
値段 安い 高い
水分 少ない 多い
食感 硬い 柔らかい
嗜好性 低い 高い
保存料・添加物 少ない 多い

 
このように、ドライフードとウエットフードにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

では、それぞれのメリット・デメリットをふまえて、どちらのドッグフードを選ぶべきなのでしょうか?

オススメはドライフード!

ドライフード・ウェットフードにはそれぞれメリット・デメリットがありますが、オススメはドライフードです。

その理由は、ドライフードの方が保存料や添加物の含有量が少なく、ワンちゃんにとって安全な食べ物だからです

ウェットフードであっても安全性の高いものもありますが、安全性の高いウェットフードは値段が高くなってしまうので毎日ワンちゃんにあげるのは金銭的にも厳しいものがあります。

病気で食欲が無い場合にはウェットフードを利用するのもアリですが、ウェットフードはなるべくピンポイント使用した方がよいでしょう!

何も問題が無い場合にはドライフードを利用して、ドライフードでは困る場合にのみウェットフードを利用するというスタイルを取ることをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です