【ドッグフードの原材料】チキンミールは本当に危険?

ソファーから顔を出す犬

ドッグフードの原材料を見ているとよく見かける原材料に「チキンミール」というものがあります。

また、チキンミール以外にも似たような原材料として「ミートミール」というものもあります。

このような◯◯ミール系の原材料には賛否があり、中には「◯◯ミール系の原材料が使われているドッグフードは絶対に選ばない」という人もいます。

しかし、実際のところ本当にチキンミールに代表される◯◯ミール系の原材料は危険なのでしょうか?

今回の記事では、ドッグフードの原材料として使用されるチキンミールが本当に危険なものなのか、ということを紹介していきます!

チキンミールとは何か?

まずはチキンミールがどんなものなのかについて紹介しておきます。

チキンミールとはチキン(英:chicken)のミール(英:meal)の合成語です。

チキンは日本語で「ニワトリ」の意味で、ミールは日本語で「ひき割り粉、つぶし粉」の意味です。

つまり、ニワトリの由来の成分をすりつぶして粉々にしたものがチキンミールであるということですね!

チキンミールがドッグフードに使われる最も大きなメリットは原材料費が抑えられることです。

なので、格安のドッグフードの原材料を調べてみると、だいたい◯◯ミール系の記載が見つかります。

チキンミールが危険と言われる理由は?

では、なぜチキンミールが危険な原材料と言われるのでしょうか?

それは、チキンミールを作るための原材料として「肉副産物」というものが使われている場合があるからです。

この肉副産物というものは「内臓・ツメ・ハネ・トサカ・ホネ」など、食肉以外の部分のことを指します。

肉副産物は食肉部分に比べて栄養価が圧倒的に低く、またどんな部分が使われているか分からないという不安感もあります。

つまり、チキンミールは栄養面・安全面から見て危険な原材料である可能性があるということですね!

ハッキリ言ってしまえば、肉副産物が利用されているドッグフードは品質が低く、危険なドッグフードであると言えます。

肉副産物を使っていないチキンミールもある!

では、ドッグフードの原材料に「チキンミール」と記載されていれば、全てのドッグフードが危険かというとそうではありません。

チキンミールの中には肉副産物を利用せず、チキンの食肉部分だけを使っているものもあります

このような肉副産物を使わないチキンミールであれば、問題の無い原材料であると考えてよいでしょう!

ですが、どうすればそのドッグフードのチキンミールに肉副産物が使われていないかを知ることができるのでしょうか?

チキンミールの品質の調べ方について

チキンミールの品質を調べる最も簡単な方法は、ドッグフードを製造・販売している企業のサイトを確認することです。

最近は、チキンミールなどの◯◯ミール系の製品を危険視している人が多いです。

なので、企業は対策として自身のサイトに「肉副産物は使用していません」などの記載をするのが普通になっています。

もし、その様な記載が企業サイトに無いのであれば、肉副産物を使っている可能性が高いと見て良いでしょう!

多くの企業サイトでは「よくある質問」の項目で、チキンミールには肉副産物を使用していないなどの記載をしているのを見かけます。

なので、ドッグフードを選ぶ際には、企業サイトをしっかりと確認して肉副産物を使用していないドッグフードを選ぶようにしましょう!

【まとめ】チキンミールは本当に危険?

チキンミールという記載があれば避けるというのは間違いではありませんが、中にはチキンミールを使っているドッグフードでも安全なものもあります。

最近はネット通販でのドッグフードの購入が増えていることもあり、企業もサイト作りに力を入れています。

なので、気になるドッグフードがある場合には、購入前に企業のサイトを確認して見ることをオススメします!

実際、ドッグフードの中には毒性が確認されている原材料を使用しているものも普通に販売されています。

ワンちゃんの健康をしっかりと守るためには、飼い主がしっかりとした知識を得てドッグフードを選ぶ必要があります。

このサイトでは、飼い主が知っておきたいドッグフードについての様々な情報を記載しているので、是非他の記事も読んでいただければと思います。

以上「【ドッグフードの原材料】チキンミールは本当に危険?」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です