【ドッグフードの原材料】ビートパルプの危険性について!

ビートパルプ

ドッグフードの原材料を見ているとたまに見かける原材料「ビートパルプ」というものがあります。

実は、ビートパルプは賛否のある原材料であり、ビートパルプが使われているドッグフードは購入しないという愛犬家もいます

ではいったいビートパルプはどんな原材料で、どんな危険性があるのでしょうか?

今回の記事では「ビートパルプってどんな原材料なの?」という疑問やどういった点が危険視されているのかということを紹介していきます。

ビートパルプってなに?

テンサイ

まずは、ビートパルプがどんなものなのかということについて答えていきます。

ビートパルプとは、簡単に言ってしまえばダイコンの繊維のことです。

サトウダイコン(英:Beta)の植物繊維(英:pulp)ということですね。

もう少し詳しく言うと、ビートパルプはサトウダイコンから糖分等を絞り出した後に残る繊維部分のことです。

では、ビートパルプがドッグフードに使われるのでしょうか?

ビートパルプがドッグフードに使われる理由は?

ドッグフードにビートパルプが使われる理由は2つあります。

その理由とは「ドッグフードのカサ増し」と「ワンちゃんのうんちを固くすること」です。

以下に2つの理由を簡単に説明していきます。

ドッグフードのカサ増しについて

ビートパルプは言ってしまえば、サトウダイコンから砂糖などの有用な成分を抽出した後に残る搾りカスです。

本来、そのような搾りカスは捨てるモノなので非常に安い価格で購入することができます。

つまり、ドッグフードにビートパルプを使えば原材料費を抑えながらドッグフードのカサを増すことができるということですね。

ワンちゃんのうんちを固める効果について

ビートパルプは「食物繊維」の一種です。

食物繊維は消化・分解が難しい成分であり、ワンちゃんのうんちを固める効果があります

つまり、ビートパルプが含まれたドッグフードをワンちゃんに与えると、比較的固まったうんちをするようになるということですね。

ビートパルプが使われているドッグフードは「このドッグフードを利用したらしっかりとしたうんちをするようになった!」と良い評判を受けることにつながります。

ビートパルプのデメリットについて

ビートパルプが利用される理由を紹介しましたが、ワンちゃんに直接的なデメリットはあるのでしょうか?

たとえビートパルプがカサ増しで利用されていたとしても、ワンちゃんにとって有効な成分であれば問題はありませんからね。

ですが実は、ビートパルプが含まれたドッグフードにはデメリットが2つあります。

そのデメリットとは「ビートパルプが薬剤処理で作られている」ことと「ワンちゃんの健康状態がわかりにくくなる」ということです。

ここからはその2つのデメリットについて解説していきます。

ビートパルプは薬剤処理で作られている

ビートパルプの作り方は主に「圧力をかけて作る方法」と「薬剤処理で作る方法」の2つがあります。

「全てのドッグフードに使われているビートパルプが薬剤処理されている」というわけではありませんが、大半のビートパルプは薬剤処理で作られていると言われています。

なぜ薬剤処理されたビートパルプが多いのかというと、圧力をかける方法と薬剤処理との2つの方法を比較すると、薬剤処理の方がコストを抑えることが可能だからです。

薬剤処理されたビートパルプには当然ながら薬剤が残留するというリスクがあります。

もちろん薬剤が残留したとしても微量なのですが、小型犬が毎日薬剤が残留したドッグフードを食べ続けた場合には実害が出る可能性もあります。

健康状態がわかりにくくなる

ワンちゃんとドッグフードの相性が悪い場合や健康状態が悪い場合には、消化不良などを起こしてうんちが柔らかくなります。

つまり、うんちの状態はワンちゃんのドッグフードとの相性・健康状態を知るための大切なバロメーターということですね。

人間と違ってワンちゃんはしゃべることができないので、うんちの状態はワンちゃんの異変を知るための重要なサインです。

しかし、ビートパルプがたくさん含まれたドッグフードを与えていると、消化不良を起こしたとしてもうんちは固くなってしまいます。

ワンちゃんの健康状態を知るために重要な指標となるうんちを固めてしまうため、ワンちゃんの健康状態がわかりにくくなるというデメリットがあるということですね。

また、ビートパルプがたくさん含まれているドッグフードにはワンちゃんを便秘にしてしまうというリスクもあります。

ビートパルプは完全な悪なのか?

「ビートパルプは完全な悪なのか?」ということについてですが、ビートパルプにはメリットもあるため完全な悪とは言えません。

もちろん、たくさんビートパルプが含まれたドッグフードはNGですが、少量の含有であれば腸内環境を良好にするというメリットもあります。

ただ、原材料の表記からはそのドッグフードにどれだけのビートパルプが含まれているのかを知ることはできません。

また、そもそも肉食であるワンちゃんにとって食物繊維は必要ないものですし、本当に良いドッグフードを与えていれば自然と腸内環境は良好になるものです。

その様な点から考えるてみると、ビートパルプは完全な悪ではないがどちらかと言うと避けたい原材料であるように感じますね。

【まとめ】ビートパルプの危険性について!

ドッグフードの口コミなどで「このドッグフードに切り替えたら、ワンちゃんがしっかりとしたうんちをするようになりました!」というような情報を見かけることがあります。

一見すると良さそうな評判ですが、実際にはビートパルプの影響でうんちが固くなっていただけということもあります。

このようなことがあるので、本当に良いドッグフードを選ぶ場合には口コミや評判を信じるのではなく、原材料をしっかりと確認することをオススメします!

上にも書いたように、ビートパルプは完全に悪というわけではなく、良い部分もあります。

しかし、ワンちゃんにとってはデメリットも多い原材料であるということは間違いの無いことでしょう。

実際のところ、良いドッグフードであればワンちゃんは十分に消化・吸収をしてしっかりとしたうんちをするものです(ワンちゃんとの相性にもよりますが)

個人的な意見にはなりますが、ビートパルプはデメリットの方が大きいように感じますし、避けたい原材料の1つであるように思います。

以上「ビートパルプの危険性について!」でした。

“【ドッグフードの原材料】ビートパルプの危険性について!” への2件のフィードバック

  1. バロン より:

    ありがとうございます。
    アイムス止めます。

    • ミドリ より:

      バロンさんこんにちは。
      記事でも書いたようにビートパルプにはメリットもありますが、デメリットの方が大きいので添加されていないものを選ぶことをオススメします。
      ドッグフードには様々な添加物が配合されていますが(格安のドッグフードは特に)ワンちゃんの健康のためにも、なるべく安全なものを選ぶようにすることをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です