犬の餌に利用される「4Dミート」とはどんなものか?

犬画像23

4Dミート」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この単語はペットフードと密接な関係を持っていて、犬を飼っているのであれば必ず知っておきたい言葉の1つです。

今回の記事では、犬の餌に利用される「4Dミート」について詳しく解説していきます。

「4Dミート」とはなんなのか?

まずは「4Dミート」とはなんなのかということを紹介していきます。

◯◯ミートという言葉からも肉に関係した言葉であることはなんとなく予想できると思います。

では、4Dミートがどんな肉なのかというと「最低ランクの肉」であると言えます。

では、具体的にどうして4Dミートが最低ランクの肉であるのかというと、それは4つのDに関わってきます。

4Dミートの4つのDとは?

「4Dミート」とは4つの頭文字がDの英単語をまとめたものです。

その4つの英単語とは下のものです。

【4Dミートの4つの英単語とは!】

  • Dead
  • Dying
  • Diseased
  • Disabled

では、それぞれについて簡単に説明をしますね。

「Dead」について

「Dead」とは死肉、つまり死んだ動物の肉ということですね。

当然、食肉になった時点で原材料となった動物は死んでいるのですが、普通は家畜を人間の手で殺して食肉にします。

しかし「Dead」に該当するのは、人間の手で屠殺した肉ではなく屠殺以外の原因で死んだ家畜を指します。

例えば、病気で死んだ家畜の肉が「Dead」に該当します。

「Dying」について

「Dying」とは死に瀕する(死にかけ)の動物のことを指します。

基本的に、動物は身体に問題がなければ死に瀕することはありません。

しかし「Dying」は何かしらの原因によって、身体が弱っており、死にかけな状態になっている家畜の肉ということですね。

死んではいないものの、「Dead」に非常に近い状態の肉であると言えるでしょう。

「Diseased」について

「Diseased」とは病気、つまり病気にかかっている動物の肉ということですね。

例えば、癌だとかの病気にかかっている健康ではない状態の動物の肉が該当します。

犬の餌の原材料として使用されることが多い鶏肉であれば、鳥インフルエンザ時に屠殺された肉なども該当します。

「Disabled」について

「Disabled」とは障害、つまり障害をもった動物の肉ということですね。

広義には、先天的な障害だけではなく後天的な障害もふくまれることがあります。

例えば、生まれつき身体的な障害を持った家畜だったり、病気の後遺症を負った家畜の肉が該当します。

「4Dミート」を利用するメリットとデメリット

ドッグフードの中には、最低ランクの品質の肉類である「4Dミート」が利用されることがあります。

では、なぜこのような肉がドッグフードに利用されるのかというと「コストが安い」というメリットがあるからです。

「4Dミート」は人間には出すことのできない肉なので、本来であれば捨てるしかないものです。

しかし、ドッグフードであれば「4Dミート」の使用は法律でも適法になっているので利用できます。

家畜の生産者は捨てるしか無いような肉を売れますし、ドッグフードの製造業者は非常に低価格で家畜の肉を買うことができます。

このような状況になっているので、4Dミートを利用することで低価格でも利益の出るドッグフードを製造することが可能になります。

つまり「4Dミート」を利用するデメリットとしては、低品質で危険な原材料の可能性があるということですね。

関連記事:格安のドッグフードが危険な4つの理由!安全性が低い原因は?

「4Dミート」の利用を見抜く方法は?

当然ながら、ワンちゃんの健康を考えるのであれば「4Dミート」が利用されているドッグフードは避けるべきです。

ということで、ドッグフードに使用されている肉類が「4Dミート」かどうかを見分ける方法についても紹介をしておきます。

「4Dミート」を避けるための方法としては「ヒューマングレード」のドッグフードを選ぶことです。

ヒューマングレードとは、人間でも食べられる原材料を使用しているドッグフードを指します。

関連記事:ドッグフードは人間が食べると危険?成分的に考えてみる

「4Dミート」の肉は人間が食べられる肉ではないので「ヒューマングレード」には該当しません。

自分が利用しているドッグフードがヒューマングレードであるかどうかは、そのドッグフードの公式サイトを確認することで知ることができます。

もし、ヒューマングレードのような高品質な原材料を使用しているのであれば大きな宣伝になるので、公式サイトにもその旨が記載されているはずです。

なので、自分が利用しているドッグフードの公式サイトを確認して「ヒューマングレード」の表記がなければ注意した方が良いでしょう。

「4Dミートを利用しています!」といったようなネガティブな情報を自ら出すような企業は無いでしょうし、ポジティブな情報から予想するしか方法はありません。

「ポジティブな情報が出せない」=「ネガティブな情報がある」というような考え方をするのが安全なドッグフードを選ぶコツであると思います。

関連記事:ドッグフードを選ぶ基準って何?最低でも確認するべき5つの要素!

まとめ

量販店やドラッグストアで販売されている格安の犬の餌には「4Dミート」が利用されている可能性があります。

ですが、価格が高いドッグフードであれば「4Dミート」のような危険な原材料が使われていないという保証があるわけではありません。

ということで、ワンちゃんの健康を考えてドッグフードを選ぶのであれば、原材料や企業のホームページなどからしっかりと情報を収集をすることをおすすめします。

健康で長生きできるようなドッグフードを選ぶことは、飼い主の務めですからね!

以上「犬の餌に利用される「4Dミート」とはどんなものか?」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です